プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知の1ヶ月前

2013年11月に、がん1次検診を受けました。この年の胃バリウム検査では、生まれて初めて、発泡剤を飲んだ後に冷や汗が吹き出し、胃が破裂するのではないか、と思うほど辛かったです。

検診を受ける日までずーっと、食後に鳩尾辺りが痛むのと、少し食べると喉で蓋が閉まるようなつかえ感があったので、当然のことながら、昨年11月のがん一次検診と同様、精密検査を受けることになるだろう、と予想していました。

検診から2週間以上が過ぎて、そろそろ結果が届くだろうと思っていると、突然、家の電話が鳴りました。電話にでてみると、がん1次検診の胃X線画像の読影会に参加している医師からでした。その医師曰く、「胃のX線画像に病変が見られるため、一刻も早く精密検査を受けた方が良い。」とのこと。その医師を頼って、数日以内に外科の外来を訪れることにしました。

本来は、がん1次検診結果を文書で受け取ってから、適当な病院の外来を訪ね、そこで精密検査の予約をします。通常は、検査の予約が混んでいるため、予約が取れるのは1ヶ月以上先で、精密検査の結果が出るのは2ヶ月ほど先になってしまうのではないでしょうか。しかし、今回は、先の電話をくれた医師を頼ることによって、その電話の4日後には、血液検査、胃内視鏡、CT検査及び胃組織の病理検査を行うことができました。そして、先の電話から9日後には、精密検査の結果が出ました。

↓2013年11月のがん1次検診時のX線画像です。
2013年胃バリウム検査画像

↓こちらのX線画像は、2012年11月に受けたがん1次検診の時のものです。
2012年胃バリウム検査画像

2013年のX線画像を2012年のX線画像と比べると、2013年のX線画像の方が、画像の右側上部にある白い塊の直下のくびれが大きくて、より細くなっているのがわかります。また、2013年のX線画像の方が、胃全体も小さくなっている、すなわち胃が膨らまなくなっている気がします。
スポンサーサイト

tag : 内視鏡 精密検査 画像 X線

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。