プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小旅行

抗がん剤治療を始めてから出かけることがなくなったので、気分転換に、九十九里浜へ愛犬を連れて泊りがけで行くことにしました。

今夏に胃の全摘手術をしたら、いつになったら旅行に行けるようになるかわからないから、元気なうちに行っておかなきゃ。

本当は海外に行きたいところだけど、病気が病気だけに、今回は近場で我慢。ガンに打ち勝ったら、そのときこそ海外。

そう思えば、またガンと闘う気力がモリモリ湧いてきます。
スポンサーサイト

抗がん剤の凄さ

7クール目の抗がん剤投与から14日目、今朝でTS-1の服用が終わり、1週間の休薬期間が始まりました。

6クール目は、途中で風邪をひいてしまい、TS-1の服用を中断しました。そのため、7クール目の開始まで約1ヶ月ほど抗がん剤を休みました。抗がん剤治療を1ヶ月間も休むのは初めてです。

そのせいか、昨夜、黒いひげが生えてきているのに気づきました。抗がん剤治療を始めてから、ひげは真白になっていたのに…。

また、今朝、まばらに白髪が残るだけで地肌がテカテカ見えていた前頭部から頭頂部にかけて、黒い毛が生えてきているのを見つけました。

たった1ヶ月、抗がん剤を休んだだけで、こんなにも変化が出るなんて、改めて"抗がん剤、凄ッ‼︎"っと思った次第です。

外来

7クール目の抗がん剤投与から8日目、外来に来ました。

今日は検査はなく、副作用の具合を診るだけです。今のところ、副作用は、軽~い吐き気、甘味を強く感じる味覚障害、食欲不振、口角炎、程度です。

この位なら苦でもないです。あと6日間、TS-1を飲み続けるぞ~。

副作用続々

7クール目の抗がん剤投与開始から6日目です。

今朝から味覚が変になったようです。今までと同じように甘みを強く感じるようです。家内が切ってくれたリンゴを食べたときに、とても甘い、と感じました。家内曰く、全然甘くないそうです。ああ、またか、という感じです。

常時、軽い吐き気もあります。今日以降、何を食べても美味しくなくなり、食べる気がしなくなります。でも、胃全摘手術に向けて体重を増やすために、頑張って食べねば。

これも毎度のことですが、鼻の中が“バキバキ”というか、“カピカピ”というか、とにかく荒れているのです。そして、鼻血が出やすくなります。昨夜、既に鼻血が出ました。

tag : 副作用 吐き気 味覚

7クール目の副作用が出始めました

7クール目の抗がん剤投与開始から4日目で、軽い吐き気と口角炎の副作用が出ました。

毎度のことですが、唇の端が切れてしまうため、口を開けるたびに痛くて困ってしまいます。

まだ今日はこの程度なので過ごしやすいですが、これから次々といろいろな副作用に苦しめられるかと思うと、気が滅入ります。

激励会

2014年5月、これから激励会に行きます。

高校の同級生数人が、自分のために激励会を開いてくれます。7クール目の抗がん剤治療を初めて2日目なので、まだ目立った副作用が出ていないのが幸いです。「ぜひ、奥様も」とお誘いを受けたので、家内同伴で楽しんできます。

この高校の同級生達には、先月、たまたま海外へ赴任する同級生の送別会に参加したときに、近況報告としてガンの闘病生活を送っていることをカミングアウトしていました。

ガンに勝って、「あと30年は生きる」と口癖のように言っているとおり、長生きをするつもりですが、この時は、「これで皆に会うのは最後かも」と思い、送別会に参加しました。

先月は、送別会の後10日ほどして、大学のサークル仲間が激励会を開いてくれました。先の送別会に参加していた一人が大学のサークル仲間に繋がっていて、激励会を催してくれました。やはりこの時も、「これで皆に会うのは最後かも」という思いがよぎりました。

では、本日の激励会に行ってきま~す。

tag : 激励会 高校 大学

抗がん剤治療(7クール目)

昨日から、7クール目の抗がん剤治療を行っています。

前クールまでと同様、昨日の午後にドセタキセルを点滴し、昨日の夕飯後からTS-1の服用を始めました。今のところ、目立った副作用は出ていません。食事も美味しくいただいています。

これから辛い副作用が始まります。でも、抗がん剤が能く効いているので、やる気満々です。

tag : 抗がん剤治療 TS-1 ドセタキセル 副作用

胃内視鏡と審査腹腔鏡(3回目)の結果

先週の胃内視鏡と審査腹腔鏡の結果を聞きに病院に来ています。

胃から採取した組織の生検の結果、胃と食道との境界付近からは、癌細胞が見つかりませんでした。これで、胃を全摘して、小腸に食道を繋ぐことができます。

前回同様、骨盤底から採取した腹腔内洗浄液からは、癌細胞が見つかりませんでした。

しかしながら、これも前回と同様ですが、左横隔膜下から採取した腹腔内洗浄液に癌細胞が含まれている可能性が指摘されました。

このような結果を踏まえて、
・月末に予定していた胃全摘手術を延期する
・より治療効果を上げるため、もう2~3クールほど抗がん剤治療を継続する
・その間、病状が悪化しなくて、現状維持か、良くなっていれば、胃の全摘手術をする
という方針が、医師と患者(自分)の双方の納得の上、決まりました。

今日から抗がん剤治療の7クール目を始めます。今、外来治療室でドセタキセルを点滴しています。今夜からTS-1の服用開始です。

頑張るぞー!

tag : 胃内視鏡 審査 腹腔鏡 結果

結果を聞きに行きます

今日、先週受けた胃内視鏡と3回目の審査腹腔鏡の結果を聞きに行きます。

今日の結果に基づいて、今月末に予定通り胃全摘手術を行うか、もう何クールか抗がん剤治療を継続するか、が決まります。どちらになるか、ドキドキ、ワクワクです。

2013年12月以来、胃全摘手術を目指して抗がん剤治療を行ってきたので、できれば予定通りに今月末に胃全摘手術を行いたいです。

どちらに決まるにしても、今日は、結果を聞いた後、ドセタキセルの点滴を行う予定です。今月末に胃全摘手術を行わずに、抗がん剤治療を続ける場合には、7クール目の抗がん剤治療を開始することになります。

今月末に胃全摘手術を行う場合でも、先月中旬に抗がん剤治療を中断してから胃全摘手術を行うまでに1ヶ月半の期間が経過してしまうので、軽くドセタキセルを点滴するそうです。

tag : ドセタキセル 胃内視鏡 審査 腹腔鏡

退院

2014年5月10日、これから退院です。

明け方までは、腹腔鏡手術の傷跡が痛んでいましたが、朝、起きた時には痛みがなくなっていました。

病院には、いろいろな人がいて、なかなか熟睡できません。イビキをかくのはお互いさまなので、何とも思いませんが、翌朝の退院に備えて、夜中の3時頃からガタゴト、カサカサと荷物の片付けを始めた人には閉口しました。煩くて眠るどころではありませんでした。

tag : 退院

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。