プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌に関する新聞記事

昨日の読売新聞の夕刊に「『がん』手術か放置か 相反する医師が討論」との記事が掲載されていました。6月29日の午後7時からBSフジで放送されます。

私は、今、手術によって病巣を取り除くことを目指して、術前抗がん剤治療を続けています。従って、放置する、という選択肢はありません。ただ、手術派医師と放置派医師との討論を通して、両者の言い分や、それぞれのメリット、デメリットなどが見えてくると思うので、とても興味があります。

↓記事はこちら(クリックすると拡大表示されます)
2014年6月23日、読売新聞夕刊より

また、今日の読売新聞の朝刊に「がん患者の暮らし豊かに 28・29日、東京でアイデア展」という記事が掲載されていました。国立がん研究センター中央病院で開かれます。今回は、「働く」というテーマです。

私は、自営業で、在宅で仕事をしています。従って、会社を辞めたり、休んで入院や通院することはありません。しかし、休業して闘病したり、休業していなくても、入院や通院のときには仕事ができないので、収入が激減します。そこら辺のことが今回のアイデア展で多少なりとも解決できることを期待して、行ってみようかと思っています。

↓記事はこちら(クリックすると拡大表示されます)
2014年6月24日、読売新聞朝刊より

続きを読む »

嬉しい

昨日、大学時代のサークル仲間で、海外に赴任している友人から、「調子はどう?。近いうちに一時帰国するから会おう。」と、メールがきました。彼は、4月の激励会のあと海外に赴任しました。嬉しい限りです。

明日は、高校時代の同級生に会います。彼も20年位、海外に赴任していて、昨日から一時帰国しています。先週、「会いたい。」と、メールがきました。嬉しい限りです。

その他にも、何人もの友人がメールをくれます。毎日、毎日、病との闘いに必死で、外の世界との繋がりが薄れていくなかで、友人からの励ましは、本当に嬉しいです。

また、このブログに、会ったことも話をしたこともない方達からコメントが寄せられることも、励みになっています。ありがとうございます。

うな重のはずが…

昨日、うな重を食べたい、と書きましたが、今日は割と強い雨が降っていたため、出かけないで、家で自家製のカレーライスを食べました。

このカレーは、実はジューサーの搾りカスを具に混ぜたキーマ風のものです。一口目は美味しかったのですが、二口目からはあまりの辛さに涙がでました。

以前なら普通に食べることができた辛さなのでしょうが、抗がん剤の副作用で舌が荒れているため、舌がビリビリ痺れて痛いくらいの辛さに感じます。

せっかく作ってくれたのに、食べられなくて、家内に申し訳ない、と思うとともに、なんだか切なくなりました。

ようやく食欲が…

抗がん剤治療8クール目の休薬期間に入って3日が過ぎました。ようやく食欲が出てきました。

今、テレビでうな重をみたら、食べたくなりました。明日は、うな重かな?

食欲がでても味覚障害は相変わらずなので、何を食べても「あ~、美味しい」と思えるのは、一口目だけです。二口目からは、味がよくわからず、ひたすら口に入れて噛んで飲み込んでいく作業になってしまいます。

早く、美味しく楽しく食事ができるようになりたい、これが今の願いです。

ジューサー買っちゃいました

通販でジューサーを注文し、今日、届きました。癌患者の皆さんの間では常識の低速回転のものです。

開梱後

おまけとして、人参5kg、リンゴとレモンが数個ずつ、同梱されていました。 早速、人参、リンゴ、レモン、キウイを入れてジュースを作ってみました。

ジュース作ってみました

とっても美味しいです。えぐみとか、全くありません。これなら、毎日、ごくごく飲めそうです。その分、野菜や果物の購入費が嵩んでしまいますが。廉価で購入できる店を探さなきゃ。

申し訳ない

3度の食事がストレス?、の続き

家内は、食べたい物が思い浮かばない私を気遣って、あれやこれやと、少しでも食べられそうな料理を工夫して作ってくれます。

それでも、一口食べた途端に口が受け付けなくなってしまうことも多く、せっかく作ってくれた料理を無駄にしてしまいます。

家内に申し訳ない気持ちでいっぱいです。できるだけ食べるように努力するから、許して…。

3度の食事がストレス?

昨日から休薬期間に入りましたが、相変わらず味覚障害に悩まされています。

お腹は空くのに、食欲が湧きません。食事のたびに、これといって食べたい物も浮かびません。

毎朝、目覚めると、また3食、何かを食べなきゃいけない、って思ってしまい、憂鬱になります。夕飯が終わると、もう食べなくていいんだ、って思い、ホッとします。

本来は楽しみであるはずの食事が、ストレスになっちゃうなんて…。これではイケナイですね。免疫力を高めるためにも、ストレスフリーの生活を送らなきゃ。

野菜・果物ジュース

癌を特集したテレビ番組や、癌の食事療法を説いた書籍などで、野菜・果物ジュースが紹介されています。

闘病記のブロガーさんの中にも人参ジュースを飲まれている方がいます。効果のほどは確認しようもありませんが、これだけテレビや書籍で紹介されているのであれば、効果も期待できるのでしょう。

我が家にはジューサーがないので、購入を検討し始めました。お勧めのジューサーは何でしょう?

「これがお勧め!」っていうジューサーがありましたら、ぜひ教えてください。

気分転換

早朝、バイクに乗ってゲートブリッジまで行って来ました。

ここ2、3日、スキルス性胃ガンに打ち勝って元気に日常生活を送られてる方はいないかと、闘病記を読み漁ってました。読めども読めども、病気発覚や手術からわずか数年以内に亡くなられている方ばかり。

少し落ち込んでいましたが、バイクに乗ったら、風が気持ち良く、気分転換になりました。

バイクに乗るのは半年ぶりです。2013年12月の告知後、一回目の入院をする前に、しばらくは乗れないだろう、と思って乗って以来です。その時は東京ディズニーランドまで行って来ました。

次の入院まではバイクに乗ることができそうなので、梅雨の合間の晴れの日に、またの~んびりと乗ろうと思います。

終活の始め2

終活の始め1、の続き

家内とは大学のサークルで知り合い、卒業後、結婚しましたが、共働きで新婚生活が始まりました。

毎日が慌ただしく過ぎていくため、お互いの生命保険の加入状況や預貯金など、細々としたことをゆっくり話す機会もありませんでした。

なんとなく、あと何十年かは連れ添っていくのだから、そのうちにキチンとすればいい、と思っていました。

それが、ガンになって、急に残された時間が殆どないかも?っていう状況に追い込まれました。このまま死んだら、知らないことだらけで、死後に家族が困る、そんな気持ちでした。

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。