プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナーに行って来ました

ANK免疫細胞療法の話を聞いて来ました。

なかなか興味深い内容でした。以前、聞いた樹状細胞療法よりも効果がありそうな気がします。

今日のセミナーでは、決して標準治療を否定しているわけではなく、ANKと標準治療との連携を勧めていました。

他の代替療法等の中には標準治療を否定しているものもあるようですが、ANKが標準治療を認めている点については、好感が持てました。

自分のところの療法は良くて、他は全部ダメ、とか言われると、胡散臭く感じてしまいますよね。

できれば、いろいろな療法のメリット・デメリットを説明してもらえれば、良し悪しの判断材料になると思います。

標準治療にしろ代替療法にしろ、自分の病気に適した療法を患者自ら選択するのは、至難の技だと感じた一日でした。

それにしても、治療費が高い。自由診療だから、仕方のないことですが、自分のような庶民には手の届かない夢のような療法です。
スポンサーサイト

免疫細胞療法セミナー

今日は、免疫細胞療法セミナーに行って来ます。

今日のメインは、ANK免疫細胞療法です。ちょうど、関連する本を読み終わったところだったので、興味が湧いて申し込みました。

数年前、父が肝細胞ガンを患った時にも免疫細胞療法の説明会に行きました。その時は、樹状細胞でした。

当時からANK細胞療法があったのか、医療の進歩によって、より効果的な免疫細胞療法がでてきたのか、興味深々です。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。