プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終活の始め2

終活の始め1、の続き

家内とは大学のサークルで知り合い、卒業後、結婚しましたが、共働きで新婚生活が始まりました。

毎日が慌ただしく過ぎていくため、お互いの生命保険の加入状況や預貯金など、細々としたことをゆっくり話す機会もありませんでした。

なんとなく、あと何十年かは連れ添っていくのだから、そのうちにキチンとすればいい、と思っていました。

それが、ガンになって、急に残された時間が殆どないかも?っていう状況に追い込まれました。このまま死んだら、知らないことだらけで、死後に家族が困る、そんな気持ちでした。
スポンサーサイト

終活の始め1

2013年12月、ガンの告知後、まだまだ死ぬはずはない、と思いながらも、死を覚悟し、終活を始めました。

まず、仕掛かり中の仕事を終わらせました。そして、取引先に、病状と、休業して闘病生活に入ることを知らせました。

休業期間に入ってから、家内や子供達に家族で共有できていない事柄を伝えるファイルを作成することから始めました。

例えば、銀行口座、生命保険、年金関係、クレジットカード、その他会員になっている会の契約内容など。

死後にそのファイルを開けば、死後の緒手続きがスムーズに進むことを願って…。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。