プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師Mさんからの情報

今日の外来の時に、看護師のMさんが、私を探して、点滴をする外来ベッドまで来てくれました。手のひらを見せて、指の皮が剥け始めたことを告げました。

Mさんは、手を見ながら、「今、看護師の間で、ソンバーユとバイオイルがブームになってる。どっちも保湿効果があり、バイオイルは色素沈着に対しても効果があるみたい。」と、教えてくれました。

実際に、Mさんもバイオイルを買って使ってみたそうです。そうしたら、本当に色素沈着がとれた、とのこと。

今日の外来の時に使い心地を試してもらおうと、持って来たつもりでいたのが、バッグを開けたら、入ってなかったそうです。その気持ちだけでも、とってもありがたいです。

外来から帰って、早速、バイオイルを買いました。これから、手に塗って寝ます。かなり黒ずんだ手指の色が元に戻るか、ワクワクです。

スポンサーサイト

抗がん剤治療(9クール目)

9クール目の抗がん剤治療を始めるために外来に来ています。今、点滴中です。

この日の血液検査の結果、腫瘍マーカーの一つであるCA19-9の値は43.1U/mlでした。正常範囲は37.0U/ml以下です。前回(6月4日)は40.9U/mlで、じわじわと上がってきています。

今回は、今までと同じドセタキセルを点滴します。来月16日の血液検査とCT検査の結果を見て、同じ抗がん剤でいくか、シスプラチンに変えるか、担当医と相談します。

胃全摘手術は少し遠のいたかも。もしかしたら、もう手術はできずに、このままず~っと抗がん剤治療を続けるしかないのかも、との思いがよぎりました。

胃を全摘するのが直近の目標だったので、正直、凹みました。でも、くよくよしても胃を切れるわけではないので、気持ちを切り替えて、前向きにいきます。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。