プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても友に救われ

以前、書店を回って本を探し求めてくれた友人の奥様が、青森のりんごジュースを送ってくれました。

彼は、高校、大学も一緒で、今に至るまでず~っとつるんできた掛け替えのない友人です。奥様とは、大学のサークルで同期でした。子供の誕生パーティーやBBQやキャンプなど、家族ぐるみでお付き合いしてきました。

4月に高校の同級生達に病気のことをカミングアウトするときも、心配をかけたくないと思いながらも、事前に彼には伝えていました。

ご夫妻には感謝しています。ありがとう。
スポンサーサイト

期待はずれ

昨夜、手術派医師と放置派医師との討論番組を観ました。議論が噛み合っていない印象を受け、期待はずれの内容でした。

私が感じたことを書きます。あくまでも番組を観た私の感想であり、特定の方を非難したり中傷するつもりは全くありません。読まれて不快に感じる方がいらしたら、申し訳ありません。

手術は標準治療の一つです。それに対して、放置する治療(?)は非標準治療です。標準でない治療を唱えるのであれば、標準治療と比較して何が優れているのか、ということを、根拠を示して説明してほしかったです。

できれば、標準治療を唱える手術派医師を論破してほしかったです。そうすれば、放置理論も納得できたことででしょう。

手術派医師も放置派医師も、論文、臨床試験や統計的なデータなどを提示していました。放置派医師が、自分の提示しているデータや論文は正しいかのように発言し、手術派医師の提示した臨床試験等のデータに対してあたかもまやかしである、トリックがあるかのような発言をしていたのには、違和感を覚えました。

私達、患者は、臨床試験等のデータが正しいのか否か、トリックがあるのか否か、を知るのは困難です。あたかもまやかしであるかのように言われたのでは、何を信じて治療に専念すればよいのか、わからなくなります。

まやかしであると主張するのであれば、具体的な根拠を示してほしかったです。私には、自分の言っていることは正しい、その理由は、正しいものは正しいからだ、としか聞こえませんでした。

放置派医師の提示したデータや論文等は、必ずしも最新のものではないし、外国で行われた試験等のものもあります。放置派医師が正しいと主張する論文等の内容は、今でも覆されずに支持されているのか、そこら辺のことを濁しているとしか思えませんでした。

日本と外国とで全く同じ治療が同等の技量で行われているのであれば、外国の文献やデータもアリだと思いますが、多くの日本の患者さんは日本国内において日本の医師の技量で治療を受けています。それならば、できれば日本で日本の医師によって行われた臨床試験データや論文などを根拠に挙げてほしい気がしました。

もしかしたら、放置派医師が主張される通り、「がん」であっても「がんもどき」であっても、治療しないで放置するのが正しいのかもしれません。現状では、放置することは標準として受け入れられていませんが、放置することが標準になる日が来るかもしれません。それでも、私は、手術派医師が最後に述べられた言葉に共感します。

私も、治療せずに放置することを選択してしまったら、医学の発展が停滞してしまう、と思います。番組を観られた方達は、どのように感じられたのでしょう?

働くこと-アイデア展に思う

昨日、「がん患者さんの暮らしが広がるアイデア展2014」に行ってきました。

パネルディスカッションでは、主にお勤めの方を対象にして「治療と働くことの両立」をテーマにしていたようです。パネラーにお二人の癌患者さんがいらっしゃり、貴重なお話を伺うことができましたが、いずれもお勤めの方でした。

私のような自営業者の場合、闘病生活を送るにあたって、休業したら取引先との縁が切れてしまうおそれがあります。無職になるかも、という点では、お勤めの方も自営業者も同じです。自営業の患者さんのお話も聞いてみたかったです。

自営業者の場合、無収入になることを想定して、休業補償のような保険に入っておくのがよいのでしょうか?。かつて、休業補償の保険を検討したことがありましたが、結局、入らずじまいでした。あの時入っておけば...、と悔やまれます。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。