プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんと漢方薬」講座より

2014年8月9日、AKIBA Cancer Forum 2014の「がんと漢方薬」講座で、以下のような知見を得ました。

講師は、上園 保仁先生(国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野分野長)です。

漢方薬は、抗がん剤の副作用を緩和する効果を有するが、抗がん効果は期待できない、とのこと。抗がん剤の副作用に対して適した漢方薬は次の通り。

・食思不振や筋肉のやせには六君子湯
・免疫力アップには補中益気湯
・口内炎には半夏瀉心湯(うがいするだけでも良い)
・末梢神経障害には牛車腎気丸

なお、講座でメモした内容に基づいて本記事を書いているため、私の誤解等があるかもしれません。ネットなどで正確な情報を確認してください

例えば、「NPO法人 みんなの漢方」という団体が立ち上げたWEBサイト「みんなの漢方」などを確認してみてください。

続きを読む »

スポンサーサイト

10-2パクリ点滴6日目

今日も辛い副作用がなく、快適です。

吐き気、味覚障害、食欲不振などの副作用がなく、何でも美味しく食べられています。手の状態は、相変わらず保湿クリームを塗っていますが、剥けてもいなくてGoodな感じです。ただ、足に関しては、指の痺れや痛みが少しずつひどくなってきているようです。靴を履けなくなったらどうしよう

今週末は高校の同級会があり、宮城県から友人が来てくれるので、靴を履けない場合は這ってでも行かなきゃ

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。