FC2ブログ

プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

愛犬の寝床

今日は、ヨガと筋トレをしてきました。程よい疲れを感じて、ゆったりとした幸せな気分です。

たまには病気のことではなく、愛犬のことを取り上げても良いかな、と思い、撮り溜めていた愛犬の写真の中から3枚を選んで、愛犬の寝床を紹介します。

寝床その1
リビングのマッサージチェアの後に置いてあるベッドです。クッションが引いてあります。ここで寝ることが多いです。

↓ ベッドで寝る愛犬
メインベッド

寝床その2
廊下に置いてあるソファです。元々は、大学生時代に遠方に済んでいた息子が帰ってきた時に使う簡易的なソファベッドでしたが、その息子もほとんど帰ってこなくなったので、今は愛犬専用のソファです。

↓ ソファで寝る愛犬
ソファ

寝床その3
ベランダに置いてある簡易的な小屋です。春や秋の陽気の良い頃にはここで寝ることが多いです。

↓ 外の小屋で寝る愛犬
外の小屋

いかがでしたか?。これからも時々、愛犬の写真をアップしますね。

スキルス性胃ガンの患者会や患者同士の交流会などの情報がありましたら、お知らせください。よろしくお願いします

スポンサーサイト



ドセタキセルの爪痕

以前、ドセタキセルを点滴していました。その時の副作用の一つに爪が波打つというものがありました。点滴のたびに爪に凹んだ筋が入ります。3週おきに点滴するため、凹んだ筋が横縞のようになります。正に「ドセタキセルの爪痕」です(笑)。

↓ 爪の横縞
ドセタキセルの爪痕

この爪の横縞を見るたびに、抗がん剤って恐ろしいものだなぁ、と思います。それと同時に、抗がん剤がこれだけ強力なんだから、腹の中の癌が広がるのを、別の臓器へ転移するのを、きっと食い止めていてくれる、と頼もしくも思います。

同じタキサン系なので、きっとパクリタキセルも効いていることでしょう。効いていることを願うばかりです。

スキルス性胃ガンの患者会や患者同士の交流会などの情報がありましたら、お知らせください。よろしくお願いします

リリカ重い副作用

手足の痺れを除いて、今日も快調です。

今朝の読売新聞に「『リリカ』重い副作用確認」という記事が掲載されていました。

以下、記事からの抜粋です。

「厚生労働省などによると、過去3年間に劇症肝炎や肝機能障害の副作用が確認された患者は計11人。このうち、劇症肝炎で死亡した1人と、肝機能障害の7人については、因果関係が否定できないという。」

ここまで、記事からの抜粋です。

抗がん剤の副作用の一つである末梢神経障害による痺れを緩和するため、私を含め、リリカが処方されている癌患者さんも多くいらっしゃると思います。気をつけましょう。

| ホーム |


 ホーム