プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜の近藤TV番組に思うこと

今夜、放置療法を唱える近藤誠医師を取り上げたTV番組が放映されます。

放置療法に対する是非、あるいは標準治療に対する是非、を問う真剣な医療番組ではないので、有益な情報が得られるなんて思っていませんが、テレビ局側がどこに放送する意義を見いだしているのか、全く理解できません。

放置療法を取り上げれば、視聴率を稼げる程度のことでしょうか?。そもそも、人の命にかかわることです。バラエティ番組で面白可笑しく、またお涙ちょうだいで放送するものではないでしょう。

以前、宇山一朗医師と近藤誠医師との対談番組がありました。私には、その番組は、近藤寄りのバイアスがかかっているように感じられました。対談番組でありながら、近藤医師が真っ向から議論するのを避けているような感じで、期待外れでした。

今夜の番組では、できれば癌患者のために、真剣な議論が交わされることを望みます。

放置療法を批判するわけではありません。むしろ、近藤医師が、放置療法が正しいという信念を持っているならば、放置療法を批判する側の医師達が降参する位の論理を展開してほしいのです。私達癌患者が、一片の疑念もなく放置療法は正しい、と思えるような論理を展開してほしいのです。

残念ながら、今のところ、私には近藤医師の話に信憑性を感じません。例えば、近藤医師は、生存曲線の形状が上に凸だからデータが改ざんされている、と主張されていた記憶がありますが、形状がどうだこうだではなく、改ざん前の生存曲線を入手して発表すれば済むことでしょう。

でも、一医師が、改ざん前の生存曲線なんて入手できるわけがないでしょう。そうであるならば、データが改ざんされているという主張は、あくまでも近藤医師の推測に過ぎません。手元に、改ざん前のデータがないのですから。それを、改ざんされている、と断言するのはいかがなものでしょうか?。

専門知識のない一般の人は、テレビ番組で医師にそう断言されれば、そうなんだ、と思ってしまいます。せめて、テレビ番組の放送では、「私の推測によれば、・・・」、「私の考えでは、・・・」ということを明確にしてほしいと思います。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。