プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤治療(12クール3回目)

これからパクリタキセルの点滴をします。アルコールの静注によって、当然のことながら爆睡でしょう。

夕方までかかると思いますが、できればその後、マッサージ・針に行って、昨日の筋トレで疲労している体をほぐしたい。

いや、あくまでもマッサージ・針は、抗がん剤による痺れの緩和が目的ですけど

CTの結果は、前回7月の時と比較して変化なしでした。腹水なし。肝臓なんかは色艶がGOODみたいな感じ(笑)。

変化なし、ということは、悪くはなっていないけど、良くもなっていない、ということ。

これをどう捉えるか、というと、ノーテンキな私は、これ以上良くなりようもない位、良くなっているのだ、だから変化しようがないのだ、と解釈しています。

ちよっと楽観的過ぎる?。厳しい現実は十分にわかっています。でも、これ位、前向きでないと、押し潰されてしまいます。

一つの現実をどう捉えるか、それは各人の自由です。最悪を想定して準備をしておけば、クヨクヨ悩むよりも希望を持って日々を過ごした方が有益です。

私はそう思っています。皆さんはどう思っていらっしゃいますか?。

スポンサーサイト

CT検査とパクリ

今朝も調子よいです。指の痺れが少し強くなった気がします。

今日は、午後からCT検査です。その後、パクリタキセル12クール3回目の点滴をします。終わるのは17時過ぎかも。爆睡してきます。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。