プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーショット写真

今朝も少しムカムカしていますが、これから元気にヨガと筋トレをしに行きます。

昨日、先月13日に日本医科大学武蔵小杉病院で開かれた。第7回患者フォーラムの際にプロのカメラマンの方が撮ってくださった写真が届きました。

私一人のものと、家内とのツーショットのものがあります。家内とツーショットの写真なんて殆どないので、思い出になって良かったです。さすがに、なんて言ったらカメラマンの方に失礼ですが、良く撮れています。

ツーショット写真を眺めていたら、ちょっと複雑な気持ちになりました。写真の中の私は、当然のことながら髪の毛が薄いので、帽子を被っています。

元々、帽子を被るのは好きではなかったので、帽子を被った写真を持っていません。そんな自分が写真の中では帽子を被っている、何か変。

家内よりも先に逝ってしまう自分のことを悲しいとか思う感情はありませんが、遺された家内や息子、娘がこのツーショット写真を観たら悲しいのだろうか?、と思ったら、やりきれない思いになりました。

なんて感傷に浸っている場合ではありません。用意してジムに行ってきまーす。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。