プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後のプチツー

今朝、愛犬の散歩を済ませてから、ライダースジャケットを着込み、オーバーパンツとブーツを履き、ネックウォーマーを巻き、という完全防寒対策をして、今年最後のプチツーリングに出かけました。

バイクに乗るのは先月末の高校同期会以来。エンジンがかかるか心配でしたが、バッテリー上がり寸前のようで、キュルキュルキュル~、と音を立てながら、何とかエンジンが始動しました。

向かうのは、いつものレインボーブリッジ→国道357号線東行き→舞浜でディズニーリゾートを周回→国道357号線西行き→新木場から東京ゲートブリッジを経由→お台場→レインボーブリッジのコースです。

国道357号線東行きの辺りでようやく明くるなってきました。舞浜の手前からは、ディズニーリゾートへ行く車で軽~く渋滞。三河ナンバーや群馬ナンバーの車が走っており、各地から集まってきていたようです。駐車場の入場ゲートも少し並び始めていました。

いずれの車も、家族連れやカップルなど。これから、夢のような世界でひとときを過ごすのかと思うと、羨ましい限りです。夢の世界には、きっと癌はないでしょう。癌のない世界、良いですね~。そんな世界へ行ってみたいです。

そんなことを思い巡らせながら、今年最後のライディングを味わい、帰ってきました。今年もあと2日。とにかく治療に明け暮れた1年が終わろうとしています。

2014年が始まった時、こうして年末が迎えられるとは思っていませんでした。2014年の元旦、初日の出を見ながら目が潤んだのを憶えています。その時は、これが初日の出の見納めという思いでした。

今、こうして生きていること、生かされていることに感謝です。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。