プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな治療が待ち遠しい

今月から新たな治療を始めます。今までの治療は、抗がん剤の投与のみ。ステージIV、手術不能ということで、抗がん剤治療のみで絶対に5年間生きてやる、「5年生存率7%」の7%に入ってやる、と思って治療に臨んできました。

ここにきて、胃全摘に向けて抗がん剤の静注と腹腔内投与の併用療法に舵を切ります。こんなにも早く胃のつかえ感が出て姑息手術をしなければいけない状況になるなんて。スキルスの怖さを身をもって知りました。

今月中旬に腹腔内抗がん剤投与のためのポート埋設手術をします。先月、東大病院に確認したところ、腹腔内投与の治験は、予定の参加人数に達したため、新規募集を締め切っていました。

そのため、金沢まで行って腹腔内投与を受けることにしました。もっとも、リンパ節への遠隔転移があり、それが故に治験の適格条件から外れているため、治験を受けられないのですが。

新たな治療に踏み切ることで何かが変わるかもしれない。それは良い方向、例えば寛解や根治へ向かうかもしれないし、悪い方向、すなわち癌細胞の増悪へ向かうかもしれない。

どっちに転ぶかは、やってみないとわかりません。人生で最も重要な選択、吉と出るか凶と出るか、結果はいつになるのやら。そんな不安も多少ありますが、新たな一歩を踏み出すのは清々しい気分です。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。