プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い悩む

今日一日、あれやこれやとネットを検索したり、ふつふつと思い悩んだりしていました。

抗がん剤治療を続けているがん友が、使用する抗がん剤を変更することになりました。次でフォースラインです。

そして、主治医から「次で最後の抗がん剤」と宣言されてしまいました。もう使える抗がん剤がない、ということです。使える抗がん剤がなくなること、それはこれ以上の治療を望めないことを意味します。

ステージIVではありますが、がん友はまだまだ元気です。よく笑うし、よく食べます。とっても行動的です。

早く新薬が出てきてほしい、そう切に願っています。フォースラインが効いているうちに次の薬が出てくれば、それ以降も抗がん剤治療を継続できます。

私達ステージIVの患者は、原則、手術不適応です。胃の場合、放射線治療も適していません。標準治療では、抗がん剤治療が唯一の治療法です。薬を変えながらいかに長く抗がん剤治療を続けるか、それが生きていく上で重要なポイントです。

エビデンスを重視する医師の場合、薬の種類、組合せ、量などを柔軟に変更することを嫌う傾向にあるように思います。それゆえ、患者の容態がまだまだ抗がん剤に耐えられる状態であっても、エビデンスのある治療法が底をつくと「最後」と言ってしまうのでしょう。

そこからは、何としてもこの患者を救う、という気概が見えてきません。残念なことです。

その一方で、自分が断ったらこの患者の治療は終わってしまう、すなわち死を待つだけになってしまう、だから手を尽くして治療を引き受ける、と言ってくれる医師もいます。

どのような医師に巡り合えるか、それが最も重要に思えてなりません。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。