プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腫瘍内科医と外科医

外科医は、外科手術だけでなく、古くから抗がん剤の処方も担当しています。今でも主治医が外科医で、抗がん剤も担当している病院は沢山あると思います。

私がお世話になっている東京の病院も金沢の病院も外科医が抗がん剤の面倒も見てくれています。外科出術が前提だからでしょうか?。東京の病院には、腫瘍内科という専門の科がないからかもしれません。

一方、腫瘍内科医は抗がん剤のプロです。抗がん剤の知識が抱負であり、その知識を駆使して患者にとってベストと思われる抗がん剤を選択してくれるのでは、と思います。

腫瘍内科医に任せることによって、辛いはずの抗がん剤治療でも、患者はQOLを保ちながら快適に長期間、抗がん剤治療を続けられる、というイメージがあります。そう思っていた私は腫瘍内科医のセカンドオピニオンを受けたことがあります。

しかし、セカンドオピニオンでの腫瘍内科医の口ぶりからは、全く逆の印象を受けました。エビデンスへのこだわりが強く、個々の患者の病状や体調や事情などおかまいなしに、エビデンス通りの抗がん剤治療をする、と感じました。

ガイドラインに従ってファーストラインはこれ、セカンドラインはこれ、サードラインをするかしないかは要相談。サードラインのエビデンスがないから、抗がん剤治療はセカンドラインでお仕舞い、とのことみたいです。

セカンドオピニオンの時の私は元気で体調も良い状態でした。ただ、副作用として手足に痺れが出ていたので、腫瘍内科医ならその痺れを悪化させずに上手く付き合いながら抗がん剤治療を続けられるかも、という期待がありました。

抗がん剤の量についても、副作用がきついから減らしてほしいとの要望に対して、減らしたら効かないので減らすことはできない、減らすならその抗がん剤を中止する、との見解でした。

元気でピンピンしている私を目の前にしながら、その腫瘍内科医は、私が今までTS-1+ドセタキセル(腫瘍内科医曰く、ファーストライン)とパクリタキセル(腫瘍内科医曰く、セカンドライン)をしてきているので、「パクリタキセルによる痺れが嫌ならパクリタキセルを(量を減らすことはしないで)中止して次の抗がん剤へ移行するが、次はサードラインになるのでするかしないか私と相談することになる。」と言いました。

その口ぶりには、セカンドラインが最後の抗がん剤、患者本人の希望があればオプションでサードラインも考えるが、それが最後の抗がん剤であることに変わりはない、という感じでした。

私は、その時点でシスプラチンをしていなかったので、シスプラチンを使うことができるのか尋ねてみました。答えは、なんと!、シスプラチンはファーストラインで使う薬なので、既にセカンドラインまでいっている私には使うつもりはない、とのことでした。

おそらく、他の抗がん剤の後にシスプラチンをすることに対するエビデンスがないのでしょう。

でも、そんなのあり?。

ステージIVで手術不能な私(その当時)にとって一つでも多くの抗がん剤をリレーさせて使っていくことが生存期間を延ばす唯一の方法であるはずなのに、それを最初から放棄するとは。。。

患者を見て治療(たとえ延命や症状緩和のための治療であっても)をするのではなく、エビデンスという私よりも前に生きていた患者達の残したデータを見て治療しているのだな、と感じました。

それに対して、外科医からは、セカンドラインだから最後とか、サードラインだから最後とか、そんな話は出ません。外科医からは、いろいろな抗がん剤を使ったり、それらの組み合わせを変更したりして抗がん剤治療を続ける、という気持ちが伝わってきます。

現に金沢の病院ではシスプラチンを使っています。また、東京の病院でも、担当の外科医から、いくつか使えそうな抗がん剤を提示されています。もちろん、シスプラチンも含まれています。

原則、抗がん剤治療しか残されていないステージIVの患者にとって、腫瘍内科医と外科医のどちらが良いのでしょう?。外科医の方が患者に寄り添ってくれているような気がしてなりません。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。