プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年恒例

午前中、毎年恒例の愛犬の狂犬病注射に行ってきました。ペットクリニックまでは歩いて30分弱。

昨日とても疲れたので、今日は家で大人しくしていようかとも思ったのですが、毎年恒例とはいえ、来年が来るか否かはわかりません。

なんせ私は極めて末期に近いスキルス性胃ガンを患っており、また愛犬は満15歳のご長寿犬です。どちらに来年が来なくても不思議ではありません。私が先か、愛犬が先か?。競争しているようなものです(笑)。

できれば来年も満開の桜の下を愛犬と散歩がてらペットクリニックへ行きたいです。少しでも長く愛犬と暮らし、そして愛犬を看取りたい。愛犬に看取られたくはないです。

その望みは叶うような気がしています。気がする、と言うより、絶対に叶える、と思っています。それでも、毎日毎日吐き気で不快ですと、ふと、もういいかな、楽になってもいいかな、と思う瞬間があります。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。