プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院から外泊へ

今朝、イリノテカンを静注するため東京の病院に入院しました。しかし、今朝の時点で金沢の病院からの診療情報が届いていませんでした。

元々、イリノテカンは金沢の先生の勧めであり、東京の担当医は、それ以外にもオキサリプラチン(エルプラット)やラムシルマブ+パクリタキセルという選択肢もあると言っています。

ただ、診療情報がないため、私の現在の病状や金沢での治療経緯がわからないので、何が良いのか判断しようがないそうです。

そこで、東京の担当医との話し合いの結果、診療情報が届くのを待つこととし、本日の治療を延期することにしました。

すでに心電図と胸部及び腹部のX線撮影は終わっています。今日は、これ以上病院にいてもすることがありません。

そこで、担当医からの提案もあり、これから帰宅し外泊して、明日の午前中に病院に戻ることにしました。

明日の午前中までに診療情報が届けば、午後から抗がん剤治療を再開する予定です。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。