プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再検討

昨日の漢方サポート外来で、昨年の夏まで行っていたTS-1+ドセタキセルが効いていて副作用が問題で中止したのであれば今回は同じ組み合わせが良いのでは、と助言されました。また、骨転移が確かであるかをMRI等で確認した方が良い、との助言も得ました。

それを踏まえて、午前中に主治医と会って、明後日からの抗がん剤を何にするか、再検討してきました。その結果、ゼローダよりもTS-1の方が主治医の経験が豊富であること、ゼローダがとても良く効くという感触がないこと、などから、ゼローダをTS-1に変更しました。

また、ドセタキセルについては、昨年の夏の段階で効き目が鈍ってきていたこと、今すぐドセに変えなくても使える抗がん剤が一巡した後に再びドセを使うリチャレンジの可能性があること、シスプラチンを2コース行った結果胃のつかえ感や食べられないという症状が改善されている、すなわちシスプラチンが効いていそうなこと、などから、そのままシスプラチンでいくことにしました。

つまり、明後日からの抗がん剤はTS-1+シスプラチンに決まりました。

骨転移の確認については、早期に骨シンチを行うことにしました。その後、定期的に骨シンチを行い、骨転移が抑制されていくか、増大していくか、観察することにしました。

金沢から診療情報とともに届いたPET-CTの画像を観ると、頸椎に1箇所、左側の肋骨に1箇所、計2箇所にとても小さいのですがはっきりと検査薬の集積が認められました。主治医はその画像を観ながら、MRIをしなくても、骨転移は確実であると判断できる、と言っていました。

ただ、転移していてもまだ小さいし自覚症状もないので病状に影響することはないそうです。

明後日からまた新たな闘いが始まります。覚悟を決めて臨まねば。。。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。