プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪へ

おはようございます。

明日、大阪梅田で交流会が開かれます。それに出席するため、今、のぞみに乗っています。

今回の交流会は、希望の会がNPO法人になって初めての会合です。今までのようにカフェやレストランの一画ではなく、個室や貸会議室を借ります。

東京からは、私や家内の他にも、臨床心理士や会の立上げメンバーなどが参加します。

以前から、交流会に、臨床心理士やカウンセラーに常駐してもらい、患者、家族、遺族の心理的なケアができれば、と思っていました。

希望の会には、その趣旨に賛同して協力してくれる臨床心理士がいます。急遽、明日、ボランティアで大阪に来てくれることになりました。

今回の臨床心理士の参加は試験的なもので、臨床心理士が患者、家族、遺族とどのように係わっていけるかを探るまたとない機会だと思っています。

また、昨日、会員のつてで在京キー局の厚労省担当者に会い、取材を受けました。明日の交流会のことを話したら、急遽、交流会の取材をしてくれることになりました。

ありがたいことです。

以前、朝日新聞に希望の会に関する記事が載ったときに反響があり、記事を読んで入会してきた人もいます。

今回のように、メディアを通じて、スキルス性胃ガンの患者・家族会がある、ということが世間一般に広く認知されることを願っています(放送されるか否かはわかりませんが)。

スキルス性胃ガンの患者・家族会の存在が常識になれば、スキルスの告知を受けた患者や家族が一分一秒でも早く希望の会にコンタクトしてくれることに繋がると思うので。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。