プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病状悪化!

今朝、20コース目の抗がん剤治療を行うため、入院しました。病棟に入ってすぐ採血とレントゲン撮影。

血液検査の結果、腫瘍マーカーの一つであるCA19-9の値が、前回の180代から480代まで急上昇しており、病状が確実に悪化していることがわかりました。

落胆

TS-1とシスプラチンはあまり効いていないのかもしれません。主治医と相談し、もう1クールだけTS-1+シスプラチンをして、次回、別の薬に変えるか、検討することにしました。

イリノテカンもラムシルマブも選択肢に入っています。主治医からもラムシルマブOKと言われています。

ただ、ラムシルマブには出血しやすいという副作用があるそうです。悪化した胃から出血するかも。

そろそろ、このまま抗がん剤治療を続けるのか、代替療法の検討が必要なのか、考えなければいけない時期が来たのかもしれません。

奇跡を起こすには何が良いのか?、何が必要なのか?、次の一手をどうしたら良いのか?、考えることは尽きません。

今週末に、スキルス性胃ガンを専門とする医師に会ってきます。今の私に適した治療法を相談してきます。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。