プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドオピニオンって有効?

セカンドオピニオンについて、どうにもこうにも納得できないことがあります。ちょっと長くなりますが、興味がありましたら、また時間がありましたら、目を通してみてください。

世の中、セカンドオピニオンが当たり前になりつつあります。

患者や家族がセカンドオピニオンを希望した時に、不愉快に感じたり、あからさまに威圧的な態度をとるような医師はあまりいなくなったのではないでしょうか?。

告知と同時にセカンドオピニオンを勧められた、という患者もいます。良い傾向だと思います。

しかし、私の体験からすると、セカンドオピニオンの現状は、患者や家族に多大な負担を強いており、何とも不親切なシステムである、と言わざるを得ません。

なぜそう思うのか、説明します。

私は、2013年12月に告知を受けた後すぐに、ガンの研究・治療の本丸ともいえる病院のセカンドオピニオンを受けました。

セカンドオピニオンを担当した医師の見解は、告知を受けた病院の医師(今の主治医)とほぼ同じでした。

そのため、その治療法が自分にとって最善の方法であり、どこの病院にかかっても同じ治療を受けることができるんだ、と思いました。

後々、この思い込みが正しくないことを知ることになりました。

主治医のいる病院もセカンドオピニオンの病院も標準治療を行なっています。従って、どちらの病院も標準治療を提示するので、同じような治療法になって当たり前です。

しかも、無知であったため、主治医もセカンドオピニオンの医師も、専門は消化器外科です。どう考えても、ガイドラインに沿った外科医の見解しか聞けません。

主治医の専門が消化器外科であるならば、違う専門、例えば消化器内科や腫瘍内科や放射線科や緩和ケア科の医師にセカンドオピニオンを求めるべきでした。

でも、告知直後の、ピカピカのガン患者1年生は、そんなことを知る由もありません。

これ以外にも注意しなければいけないことがあります。

それは、学閥です。医師の世界には、医局制度があります。そして、教授を頂点とするヒエラルキーが存在します(テレビの観過ぎ(笑))。

大学の医局からは系列病院に医師が派遣されています。従って、主治医が属する(属していた)大学や医局の系列病院にセカンドオピニオンを求めても、異なる見解を聞くことは難しいのではないでしょうか。

そうなると、主治医の出身大学や医局を調べ、そことは違う大学や医局出身の医師を探す必要があります。

告知後、すぐにでも主治医のもとで治療が開始されようとしている状況で、そこまで調べ上げてセカンドオピニオン先の医師を特定するのは極めて難しいと思います。

また、ガンの新入生は、標準治療以外の治療法、例えば腹腔内に直接、抗がん剤を投与する方法や、温めた抗がん剤で腹腔内をジャブジャブ洗う方法や、電子レンジの原理で癌細胞を加熱して死滅させる方法、などがあることも知りません。

インターネットが発達している現代であれば、ちょちょっと検索すれば、そんな情報をすぐに得られるでしょう、と医師は思っているのかもしれません。

それは大間違いです。認識不足です。

的確なキーワードを入力して検索しなければ、なかなかそのような有益な情報にはたどり着きません。ガン新入生がそのようなキーワードを知っているわけがありません。

的確なキーワードを入力しないで闇雲に検索しても、ヒットするのは怪しい金儲け主義としか思えないサイトばかりです。

何が怪しくて何が真っ当なのかを見極める必要があります。悲しいかな、ガン新入生はそのような眼力を持ち合わせてはいません。

結果、ヘンテコリンな治療法に走ってしまう場合もあるかもしれません。

セカンドオピニオンを本当に有意義なシステムにするには、どうしたら良いか?。

私が理想とするセカンドオピニオンのシステムを次の記事に書きたいと思います。

スポンサーサイト

励まし

患者会の会員から励ましの言葉とともに様々な贈り物をいただいています。

お守り、ガン退治に効く石、千羽鶴、旬の筍、幸せを呼ぶ四つ葉のクローバー、温熱具などなど。

どれにも会員の皆さんの強い気持ちが込められています。ありがたくて、いつも涙がこぼれてしまいます。

自分達は一人じゃない、みんなで助け合いながら一緒に病に立ち向かっている、そう実感しています。

6/6には、関西に引き続き、東京でも2回目の関東交流会を開く予定です。

関東はもちろん、東北・北海道、東海、中国、九州なと、患者や家族が集まれるのなら、いつでもどこでも交流会を開き、仲間を募りたいと思っています。

ネット上のバーチャルな仲間から、現実世界の本当の仲間へと発展しつつあります。

その仲間達から得られるパワーは絶大です。免疫力もアップします。

今更ながら、患者・家族会の必要性を感じています。患者や家族にとって、大きな大きな力になると思います。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。