プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院

一昨日の昼から今日の昼までぶっ続けで点滴をし、その点滴をつけたままパジャマ姿で会計を済ませ、昼に退院しました。

昼食後、気晴らしにバイクに乗りに行くつもりでいたら、帰り際の挨拶で看護師さんに「今日は家でおとなしくね。」と言われてしまいました。

仕方ないので、おとなしくしています(笑)。

スポンサーサイト

理想のセカンドオピニオン

私が思い描く理想のセカンドオピニオンシステムは以下のようなものです。

特に限定するものではありませんが、ここでは消化器のガンを例にします。

ある病院にセカンドオピニオン外来科があります。その科には消化器外科、消化器内科、腫瘍内科、放射線科、腫瘍整形外科、緩和ケア科などの医師、薬剤師がいます。

各医師等は学閥にとらわれずに、純粋に自分の医学知識や経験と患者の病状とを照らし合わせて、最善と思える治療法を模索します。標準治療にこだわる必要はありません。

セカンドオピニオンを受ける患者や家族は、外来予約日の何日か前までに、セカンドオピニオン先の病院に、主治医から出してもらった診療情報を送ります。

診療情報を受け取ったセカンドオピニオン外来科の医師等達はカンファレンスを行い、その患者にとって最善と思える治療法を選択します。

キャンサーボードと同じですね。つまり、セカンドオピニオンにもキャンサーボードのシステムを導入してほしい、ということです。

セカンドオピニオン外来の当日、患者や家族は、セカンドオピニオン外来科の担当医からカンファレンスの結果を聞くことになります。

一病院のセカンドオピニオン外来科という位置付けではなく、セカンドオピニオン外来に特化した病院であっても良いと思います。

このようなシステムであれば、前記事に書いたような問題を回避し、真に患者にとって有益なセカンドオピニオンが得られると思うのですが、いかがでしょうか?。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。