プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗ガン剤治療か手術か?

一度は消えかけた手術への道が再び私の前に現れてきました。

先日の漢方サポート外来で、漢方の先生(以前は、消化器内科の先生)がPET-CTによる骨転移の具合を見て、胃切除手術をして原発巣をなくすべき、術後は漢方を含めた統合医療でサポートする、と言い始めました。

そして、この見解を今の担当医、すなわち転院先の担当医に訴えなさい、とのこと。転院先の主治医は腫瘍内科医ですが、チーム医療の親玉は消化器外科の医師で、スキルス性胃ガンを専門としています。しかも、豊富な執刀例を持っています。

漢方の先生と親玉先生とは、かつてがん専門病院で一緒に働いていた旧知の仲です。漢方の先生の働きかけで消化器外科の先生が切ってくれることになるのか、明日、消化器外科の先生のお話を聞きに行きます。

漢方の先生が言うには、既に腹腔内投与のためのリザーバーポートを埋め込み、パクリタキセルの腹腔内投与を数コース行っているのだから、標準治療に固執しないで、やれることは何でもやった方がよい、とのことです。

確かにその通りです。ステージIVでは、このまま標準治療をしていても先は見えています。根治どころか寛解も望めません。

せっかくリザーバーポートを持っているのだから、できれば腹腔内投与を継続したいところですが、残念ながら、転院先の病院は腹腔内投与を実施していません。

切るのであれば、術後、早期に抗がん剤治療を始めるためにも、腹腔内投与のオプションを外すわけにはいきません。なかなか悩ましいところです。

切るのか、切らないのか、一生に一度の大博打です。切っても予後は数年、切らなくても数年の命であるのならば、賭に出る価値は十分にあると思うのですが、いかがでしょうか?。

切ってみて、その後のQOLがどうなるか、その情報を残すことも、同じ病と闘う仲間達の参考になると思います。一つのデータとして残せれば、切る甲斐があるというものでしょう。

まずは、明日の話を聞いて、手術不適応であってもごり押しするか否か、よーく考えたいと思います。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。