プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしい病院&医師

手術の可否について、医療チームの親玉O先生の見解を聞いてきました。O先生は消化器外科医で、消化器センター長です。主治医は腫瘍内科のT先生です。


O先生の見解は、今は切るタイミングではない、全身化学療法によって腹膜播種をコントロールできれば切るタイミングが訪れる、とのことでした。


2月に、金沢で腹腔内投与を始める前に、審査腹腔鏡を行って腹膜播種の状態を確認しています。O先生は、この時の腹膜播種の状態を映した画像を確認しています。

この画像によれば、腹膜播種が広範囲に渡っているので、胃を全摘しても腹膜に癌が残ってしまう、とのことです。


ただし、一昨日行った血液検査の結果、腹膜播種の状態を反映する腫瘍マーカーCA125の値が7.6と正常範囲(0~35)に入っているので、腹腔内投与が効いていて、腹膜播種が上手くコントロールされている可能性がある、とのこと。

また、O先生は、一昨日行った胃内視鏡検査の画像も確認しています。噴門部側にはスキルス特有の肥厚部分が認められるが、幽門部側はきれい、とのこと。

来週の月曜に、T先生のオーダーでCT検査を行い、ガンの広がり具合を確認します。


元々、月曜はCT→T先生外来のみの予定でしたが、O先生が、T先生の外来の後にO先生の外来を入れてくれました。CT画像を見て私達に説明してくれるために。

ありがたいことです。

さらに、O先生から「痛みなどはない?。」と尋ねられたので、「今は全くありません。」と答えたところ、「身体的な痛みがなくても心の痛みや抗がん剤の辛い副作用があるはずだから、早い段階で緩和ケア科にかかっておきましょう。」と緩和ケア科の、おそらく一番評判の良いH先生の外来を予約してくれました。


感激しました。


消化器外科、消化器内科、腫瘍内科、緩和ケア科などなどが連携して治療に当たってくれることを実感することができました。


O先生は、骨転移の状況をきちんと精査し、腹膜播種の状態を観察し、切れるタイミングを見極める、と話してくれました。そこには、数千の執刀例に裏打ちされた外科医としての自信とプライドを感じました。


納得のいく説明でした。十分に満足しました。この病院で、信頼できるO先生の元で治療を進めることにして良かった、と思っています。


スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。