プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃がん検診ガイドライン完成報告会

今日は、国立がん研究センター主催の「胃がん検診ガイドライン2014年度版」の完成報告会に参加してきました。

このガイドラインは、がん研究センターのがん予防・検診研究センターが作成したものであり、まだ国に認められたものではありません。

従って、がん研究センターの、胃がん検診ガイドラインを作成した人達の胃がん検診に対する見解とも言えます。

2014年度版では、検査対象年齢は50歳以上となっています。現状のガイドライン(2005年度版)では40歳以上です。

スキルス性胃ガンの場合、女性の発症年齢は20~40歳代が多いと言われています。2014年度版でも2005年度版でも、この年代の女性は検診対象から外れています。

つまり、今までもこれからも、ガイドラインに沿った胃がん検診では、20~40歳代の女性のスキルス性胃ガンを早期発見することはできない、ということです。

悪性度の高いスキルス性胃ガンでも、早期発見して治療すれば根治もしくは長期生存も可能です。であるにもかかわらず、若い人は胃がん検診の対象になっていません。

完成報告会において、私は「スキルス性胃ガンでは、女性患者の発症が20~40歳代に多いと言われています。この世代の女性は子育て世代であり、死亡後、幼子が残されてしまいます。今回のガイドラインでは、スキルス性胃ガンの早期発見についてどのような考慮がされていますか?。」とあえて質問しました。

それに対して、がん予防・検診研究センターの某女子は「このガイドラインは胃ガン一般を対象としています。若年性の癌は検診対象ではありません。」と、バッサリ切り捨てました。その態度に、女性として何か感じるところはないのか?、と思いました。

はなからスキルス性胃ガンを早期発見し、救おうという気持ちなど全くないようでした。年代ごとの背景、例えば幼子を抱えていて死ぬに死ねないということなどは関係なく、どの年代からなら胃ガンで死亡する人の割合が減少するか、という統計学的な数値のみを基準として検診対象年齢を決めているようです。

このガイドライン及びがん予防・検診研究センターからは、一人でも多くの人の胃ガンを早期発見する、という気概、熱意は全く感じられませんでした。統計が全て、数値が全て、そんな感じの温かみのない集団でした。

続きを読む »

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。