プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知後に取り得る選択

スキルス性胃ガンを告知された直後に取り得る治療法の選択肢として何があるのでしょうか?。

1年半、闘病生活を送る中で、また希望の会を通じて得た知見に基づいて、私は以下のように考えています。

ステージIIIまでであれば、標準で手術の適応があると思うので、標準治療で良いと思っています。

ステージIVの場合、殆どが腹膜播種を伴っており、標準治療では手術の適応がないので、化学療法、すなわち抗がん剤治療となります。

この場合の抗がん剤治療は、治すことを目的としているわけではなく、延命やガンの症状を緩和するために行われます。

胃の切除を望まない場合には、標準治療で抗がん剤治療を行えば良いと思っています。

腹膜播種があるにもかかわらず、胃の切除を望む場合には、まず術前化学療法を行い、抗がん剤によって腹膜播種を消滅させてから手術を行う治療法があります。

この術前化学療法にも、経口や静注によって抗がん剤を投与する全身化学療法と、腹腔内に直接、抗がん剤を投与する腹腔内投与療法があります。

私は、全身化学療法だけよりも、全身化学療法と腹腔内投与療法との併用が効果的ではないか、と思っています。

そして、術後にも抗がん剤を投与する術後補助化学療法においても、全身化学療法と腹腔内投与療法とを併用するのが効果的と思っています。

また、手術中に腹腔内にこぼれた癌細胞を死滅させるために、手術の終わりに温めた抗がん剤で腹腔内を洗う温熱化学療法(HIPEC)もあります。

腹腔内投与療法と温熱化学療法とで、どちらが優れているのか、素人の私には判断できません。

ここでは、そういう治療法があるということを紹介するにとどめます。

また、手術にしても、原発巣の胃を中心に最小限の範囲を切除する病院もあれば、転移のおそれのある臓器や部位も切除する病院もあります。

これも、素人の私には、どちらが優れているのか、判断できません。

できるだけ臓器を残しておきたければ前者の病院を選択し、将来的なリスクを少しでも減らしたければ後者の病院を選択する、といったところでしょうか。

ここに書いた内容は、医学の知識のない一患者が思っていることです。間違ったことを書いている可能性もあります。

その危険性を認識した上でここに書いた理由は、告知後、ネットを検索してこのブログにたどり着いた患者や家族が治療法を選択する際の一助となれば、と思っているからです。

治療法を選択する際には、患者や家族が必ずよく調べてからにしてください。主治医に尋ね、主治医とともに治療法を選択してください。

その他、臨床試験や治験があります。こういうものに関しても、まずは主治医に相談してみてください。

残念ながらガンの告知を受けてしまった人達が、それぞれに合った、またそれぞれが望む治療を受けられることを望みます。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。