プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃がん検診に関する記事の紹介

本日6/22発売の週間ポスト(7月3日号)の162頁~165頁に「バリウム検査は危ない」と題して、医療問題に詳しいジャーナリスト 岩澤倫彦氏が連載第1回目の記事を寄稿しています。

この記事の中に、5/27に国立がん研究センターで開かれた「新・胃がん検診ガイドラインの報告会」に関する記載があります。

この報告会には、私も出席しました。

その席上、「この『新・胃がん検診ガイドライン(正確には、有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン 2014年度版)』では、スキルス性胃ガンの早期発見についてどのような考慮がなされているか?。」と質問しました。

それに対して、国立がん研究センター がん予防・検診研究センターの担当者からは、「スキルス性胃ガンや若年層の胃ガンの早期発見は全く考慮していない。」との回答を得ました(5/27に私が記した胃がん検診ガイドライン完成報告会の記事はこちら)。

私の質問と、岩澤氏が指摘する胃がん検診の問題点とは、直接の関係はありませんが、胃ガンの早期発見を実現したいとの想いは共通であると思っています。

興味のある方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?。そこには、私が胃ガンになってから知ったこと、すなわち胃ガンにならなければ知らなかったであろうことが書かれています。

スポンサーサイト

闘病中の心の持ちよう

闘病中、ガンと向き合い、常に死を意識しながら、それでも前向きにガンと闘っていかなければいけないと、自分を奮い立たせている患者は多いと思います。

私もその一人です。自然と前向きになれている時は良いのですが、そうでない時ももちろんあります。

私は、前向きになれない時があっても良いと思っています。そんな時は、前向きな気持ちが湧いてくるまで待っていれば良いと思います。

人間、生きていくために必ず前向きになると信じていますから。

もちろん、そのためには痛みなどの身体的な苦痛を緩和ケアで取り除く必要があると思います。治療開始後、早い段階からの緩和ケアが大事です。

以前、看護師さんに以下のようなことを言われたことがあります。

経験上、前向きなのは良いけど、治療にのめり込んでしまう人、治ることがゴールであってそれ以外の結果を受け入れられない人は、逆に良い結果が得られないことが多い、と。

このような人達は、抗がん剤の副作用が強くても我慢し、医師の前では平気な顔をして、無理してでも抗がん剤を続けようとしてしまいがちだそうです。

その結果、酷い副作用を招いて抗がん剤を中止せざるを得なくなってしまうことが多いそうです。

抗がん剤治療では、如何にして抗がん剤を続けるか、ということが重要であるため、結局、望ましくない状況を招くことになるわけです。

また、治療の結果が良い方向に向かっている時はノリノリで良いのですが、ちょっとでも悪い結果が出ると心が折れてしまい、治療を続けられなくなってしまいがちだそうです。

かつての自分がそうでした。今もそうかもしれませんが。。。

前向きも、治療への取組みも、さらには仕事や家庭のことなども、何事もほどほどが良いようです。やたらと根治を目指さすのではなく、ガンとの共生も受け入れていく姿勢が必要なのでしょう。

副作用で体がだるかったり辛いのに仕事へ行ったり、家事をこなすなど、無理をするのではなく、うまく折り合いをつけなければ、長丁場の闘病生活を続けることは困難でしょう。

心の余裕が必要なのかな、と思っています。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。