プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前を向くには

先日、スキルス性胃ガンの告知を受けたばかり、と言う方と話す機会がありました。

その方と話していて思ったことがあります。正確には、この時に初めて思ったわけではなく、自分が告知を受けた時に思ったことです。

告知後、誰でも一旦は落ち込み、絶望感を感じることでしょう。その後、どうやって前を向いて治療に取り組むか?。

腹膜播種有りのステージIVスキルス性胃ガン。根治は望めません。告知当初、物事を月単位で考えるように言われました。つまり、数ヶ月の命かも、と言うことです。

残された時間が少ないため、落ち込み続けていたら、晴れ晴れしい気持ちにもならずに沈鬱なまま死んでいくことになります。

そんな中で、どうやって少しでも早く前向きな気持ちになるか、というよりも、前向きな気持ちにもっていくか、というと、私は死を覚悟することだと思います。

今まで健康でいた時には、病死や事故死などは現実的でなく、いつか訪れる大往生と言える死に対しても遠い先のことであり、自分の周りには生というものしかないように思っていました。

そんな状態から、数ヶ月後には死ぬかも、と言う現実を突きつけられて落ち込まないわけがありません。

でも、自分は割と早く、というか、ほぼ告知後、家に着く頃には死を受け入れながらも、「闘ってやろうじゃない!」という気持ちが湧き上がっていました。

なぜ?。それは、おそらく死を覚悟したからでしょう。死はすべてのゴールです。死を覚悟すれば怖いものはありません。

数ヶ月後にはもうこの世にはいないかもしれない、そう思うと、帰宅後からすぐに残った仕事の整理に取りかかり、その後、身辺整理を始めました。

身辺整理が終わると、もういつあの世に行っても良い、と思えました。でも、それは、生きることを諦めたのではなく、死という最悪の事態に備えただけで、決して生きることへの希望を捨てたわけではありません。

だからこそ、告知から運良く10ヶ月も生きた時点でスキルス性胃ガンの患者・家族会を創り、会の名前を「希望の会」としました。

私や私の家族も含め、スキルス性胃ガンの患者や家族が希望を持って治療していけるよう、これ以外の名前を思いつきませんでした。

最悪を覚悟し、最悪の事態に備えておくことで、より一層、希望を持って一日一日を大事に生きることができる、そう思っています。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。