プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキルス性胃ガンは胃ガン?

スキルス性胃ガンは胃ガンの一種に分類されています。しかしながら、本当にそれでいいの?、と思う時があります。

最近、スキルス性胃ガンとそうでない胃ガンとを区別して、スキルス性胃ガンを独立したガン種として扱ってほしい、と思っています。

そう思う理由として、主に以下の3点が挙げられます。

第1点目
例えば、胃ガンの検診は、行政が行う対策型の検診に含まれており、早期発見によって死亡率を減少させることを目標に実施されています。

一般に、発見され得る程度にガンが大きくなるのに10年位かかると言われています。

従って、毎年、胃ガンの検診を受けていれば、例え胃ガンになったとしても早期で発見される、と思ってしまいます。

しかしながら、スキルス性胃ガンは、毎年検診を受けていても、進行ガン、それも腹膜播種や他臓器への転移があるステージIVの状態で発見されることが多いです。

何故か?。

その原因の一つとして、スキルス性胃ガンの発症年代が女性の場合、20歳代からであるのに対して、対策型検診の対象年齢は40歳以上(2005年版、2014年版は50歳以上)であることが挙げられると思っています。

つまり、対策型の検診は、スキルス性ではない胃ガンの早期発見を目指してはいても、スキルス性胃ガンの早期発見を対象としていない、と言えます。

第2点目
検診によって胃ガンを早期発見して根治させることができるようになったとの報告があります。しかし、スキルス性胃ガンについては、発見から短期間で死んでいく患者が後を絶ちません。

医療界の胃ガンに対する「治る、治せる」という評価と、スキルス性胃ガンの患者が抱いている「治らない」という実感とは大きくかけ離れています。

それなのに、世間一般に、「早期発見によって胃ガンは治るもの」みたいな風潮が広まると、スキルス性胃ガンを含む胃ガン全体の研究への取組みが鈍るおそれがあります。

それでは私達スキルス性胃ガンの患者は困ってしまいます。

第3点目
新薬の治験でも、胃ガンが対象になっていてもスキルス性胃ガンは対象ではない、ということがあります。

胃ガンと一括りにされているのに、スキルス性胃ガンの患者は新薬を使えない、というような状況が起こり得ます。

以上の理由により、スキルス性胃ガンは、そうではない胃ガンと大きく違っていると思っています。同じなのは胃にできたガンということだけ。

従って、スキルス性胃ガンを胃ガンの括りから独立させても良いのではないでしょうか?。

そして、スキルス性胃ガンの治療法の研究を加速度的に進めてほしいと切に願っています。

以上、勝手な思いをつらつらと書いてみました。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。