プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

途方にくれる

今朝から、希望の会の複数の会員と電話で話しました。共通しているのは、セカンドオピニオンや転院に関する問題。

今やセカンドオピニオンは患者の権利であり、セカンドオピニオンを受けるのは当然のこと、と認識されているか、認識されつつあると思います。

しかし、実際のところはそうでもないようです。

セカンドオピニオンを口にしただけで不機嫌になる医師が未だにいるようです。診療情報を出さない医師もいるようです。

患者は、医師の顔色を伺い、セカンドオピニオンを申し出たら今の病院から放り出されてがん難民になってしまうのではないか、とビクビクしています。

転院に関しては、患者が望んでも、あの病院には紹介できるけれども、この病院には紹介できない、という状況があるようです。

なかなか患者が自分で病院を選んだり、治療法を選ぶのは難しいようです。

もちろん、セカンドオピニオンでも転院でも快く送り出してくれる医師も沢山いると思います。

ただでさえ多忙な医師にとって、紹介状を書いたり診療情報を揃えたりするのは大変なことだと思います。

でも、患者にとってみれば命に関わることです。医療不信を招かないためにも、医師には患者に親身に接してほしいと思います。

患者側の身勝手な願いかもしれませんが。。。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。