FC2ブログ

プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

温帯でのトポテシン

今日は、3コース1クール目のトポテシン点滴でした。朝一で出かけ、14時半に点滴終了でした。

消化器センターは、いつになく混んでいました。オンコロジーセンター(外来ケモ室のことです)は空いていたような気がしますが。。。

前々回は、熱帯雨林の中で、また前回は亜熱帯地域でトポテシンの注入を受けました。

今回は温帯程度。少し暑くは感じましたが、汗ばむまでいきませんでした。硫酸アトロピンのおかげです。

ただ、やたらと眠く、点滴終了間際まで爆睡してしまいました。点滴終了まで後数分というところで目が覚め、慌てておにぎりを頬張っていたところ、看護師さんから「喉に詰まらせないようにゆっくりどうぞ。」と優しく声をかけてもらえました

連日の疲れや寝不足のせいなのか、汗に代わるトポテシンの新しい副反応なのか?。

なお、トポテシンの静注前に血液検査をしました。腫瘍マーカーを3つ計りました。CEAとCA19-9は上限値を少し超えてはいますが、トポテシンの1コース1クール目の点滴前に計った数値よりもかなり下がっていました

ところで、本日は、病院で希望の会の会員と会って、いろいろと話をしました。この会員とは、予め会う約束をしていたのですが、なんと、もう一組、別の会員と消化器センターの前でばったりと出くわしました。こちらは、完全に偶然です。

この会員の方が私達よりも先に「~~~~さ~ん」と名前を呼ばれたのですが、その聞き覚えのある名前を耳にして振り返ると、背後に立っていました。まさに、待合所の椅子に背中合わせに座っていたのです。オドロキ!。

今日は病院で、もう一人、会員ではありませんが、交流のある方(もちろん主治医ではなく)にも会いました。

ケモをしに病院に行ったのか、プチ交流会をしに行ったのか、よくわからない日でした。

スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム