FC2ブログ

プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

激怒

希望の会の会員の元に「死への待ち行列が形成されている国内でも得意な患者会。」というコメントを寄せた輩がいます。

いろいろな考え方、捉え方があっても良いと思います。希望の会のことをどう思うと自由です。

ただ、それを今まさに絶望の中で必死にスキルス性胃ガンと闘っている患者や家族に直接言って何になるのでしょう。患者や家族は傷つくだけです。患者や家族を傷つけたかったのでしょうか?。

人のことを慮れない無神経な行為としか言いようがありません。このような、オツムの程度が低いとしか思えない人がいるということに驚きました。

患者や家族に対して極めて失礼です。言いようのない怒りを覚えます。

希望の会の会員は、決して死への待ち行列に並んでいるわけではありません。

希望の会に入り、様々な情報を得るだけでなく、希望の会に自分の居場所を見つけて生き生きと生活できるのです。生きていけるのです。

ぜひ希望の会の会員を温かい目で見守ってほしい、応援してほしいと思います。

よろしくお願いします。

スポンサーサイト



再発

胃全摘手術後7ヶ月目のがん友が再発しました。

スキルス性胃ガンは本当に怖い病気です。ステージIIIで手術ができても、ステージIVで術前化学療法で手術に持ち込めても、再発の可能性は高いです。再発までの期間も短く感じます。

でも、再発しても、抗がん剤のコントロールが効いて何年も生きている患者もいます。まさにガンとの共生です。決して死が決まっているわけではありません。

希望を持って前向きに治療を続けていけば、がんとの共生も可能と考えています。

がん友よ、共に闘おう、そして必ずや乗り越えて長生きしよう。心を込めてこの言葉をがん友に送ります。

| ホーム |


 ホーム