FC2ブログ

プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

IIIかIVか

スキルス性胃ガンと告知されたら手に取る冊子を作製しています。冊子に載せる原稿を書いていて思うことがあります。

それはステージIIIとIVとの違い。IIIまでは手術の適応ありです。IVは手術の適応なしです。IVでは、化学療法、この場合は抗がん剤治療です。

ステージIIIでも化学療法が行われますが、術後補助化学療法と言って、手術後の再発を防ぐために行われます。

術前補助化学療法と言って、術前にも化学療法を行うことがあります。これは、手術前に病巣を小さくして切除範囲を縮小するなどのために行われます。

IIIでは、根治を目指して手術や化学療法が行われます。

それに対してIVの場合、化学療法は、延命とガンの症状を緩和するために行われます。決して根治を目指すものではありません。

病巣を抱えたまま、化学療法でガンの進行を抑える、というか、ガンの進行を遅らせるだけでは、遅かれ早かれ使える抗がん剤が尽きます。その時、積極的な治療の終焉を迎えます。

そのような状況の中で、IVであること、根治を望めないこと、を嘆いても仕方がありません。嘆いたところでIVがIIIに昇格するわけではありませんから。

落ち込むことがあっても良いと思っています。とことん落ち込んで構わないと思っています。

そのうち、現実を受け入れて、与えられた状況の中で最善を尽くすようになります。人間、そういうようにできていると思っています。

今、落ち込んでいる仲間がいるとしたら、焦らずにじっくりと自分と向き合ってほしいと思います。無理して前向きなふりをしなくても、前を向く日が来ます。

自然と気持ちが前を向く日が来ます。今は、その日が来るのを待ちましょう。その日が来るのを私も一緒に待っています。



スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム