FC2ブログ

プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

先生、お願い、検査して!

最近、がん友から聞いた話です。

がん友は、スキルス性胃ガンと告知され、ステージはIIIBか、IIIC程度。主治医の判断は、リンパ節転移が有るため手術不適応。また、主治医から「胃の状態から推し量ると、腹膜播種している疑いがある」とも言われたとのこと。

リンパ節の転移が胃の周辺に限られていても、腹膜播種があったら遠隔転移有りでステージIVだと思うのですが。。。

IIIBかIIICなら、手術の適応有りでは?。

主治医は腹膜播種を疑いながらも、腹腔鏡による検査はしていません。

抗がん剤治療を続けたところ、主治医から「CT画像上は胃壁の肥厚が減り、リンパ節の腫れも引いたようなので、再発の可能性があるが、一か八かで胃の全摘手術をするか?」と選択を迫られたそうです。

がん友は、腹膜播種のことが気になり、主治医に尋ねたところ、「薬が効いているから、多分腹膜播種は消えていると思う」と言われたそうです。そんな判断の仕方ってある?、と目が丸くなってしまいました。

腹腔鏡による検査をしないで、薬によって胃の状態が改善されているから腹膜播種もなくなっているはず、という判断は危険極まりないと思います。

開腹して確認したら腹膜播種があったから閉腹しました、という結果になりかねない。医師はそれでも良いでしょうが、切られる患者はたまったものではありません。

未だにこのような医師がいることに驚いてしまいます。

どうか審査腹腔鏡検査をして腹膜播種の状態を確認してください。組織を採って生検をしてください。腹水や腹腔洗浄水からガン細胞が検出されないか調べてください。

その結果、腹膜播種が認められないので開腹手術に踏み切ったところ、腹腔鏡では見えないところにガンがあった、だからそのまま閉腹した、というのなら、患者も納得できます。

腹膜播種を疑いながらも審査腹腔鏡検査を行わず、思い込みでお腹を切ったところ予想が外れていました、では、主治医との信頼関係が崩れます。医療不信を招きます。

もし審査腹腔鏡をしない正当な理由、例えばこんなデメリットがあるとか、こんなリスクがあるとか、説明できるのであれば患者に説明してください。そして、患者の疑問や質問にきちんと答えてください。

スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム