プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに医療用麻薬が

今日、緩和ケア外来でした。背中痛と脇腹痛について相談しました。

緩和ケアの先生は、CT画像を観て骨転移の具合から判断して骨転移による痛みであると診断しました。

通常の痛み止めの他にレスキューとしてオピオイド鎮痛薬が処方されました。

特に思うことはありません。医療用麻薬に対して嫌悪感もありません。

痛みをとってQOLを保つのは当たり前のことです。痛みを我慢しても何の得にもなりません。

痛みの初期から緩和ケアで痛みを取ることが今後のためにも重要です。痛みを我慢して我慢して相当痛くなってからコントロールするのは、コントロールが難しく、得策とは言えません。

昨日のブログ記事によれば、病状が二段階進んだことになります。まだ二段階です。もうしばらく、人生を楽しむ時間はありそうです。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。