プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再発

スキルス性胃ガンに限らず、ステージIVであったり、腹膜播種ありのガン闘病ブログを読むと、再発の多さに愕然とします。

スキルス性胃ガン以外のガン種については詳しくないので、スキルス性胃ガンに限って書きます。

腹膜播種がある場合には、ステージはIVで根治手術の適応はありません。腹水や腹腔洗浄水の細胞診の結果が陽性である場合も、ステージIVで根治手術の適応はありません。

術前補助化学療法が奏功した結果、審査腹腔鏡で腹膜播種が認められなくなり、腹腔洗浄細胞診も陰性になると、胃摘出手術を行えることがあります。

また、術前補助化学療法と腹腔内投与とを併用した結果、腹腔洗浄細胞診が連続して数回陰性になると、胃摘出手術を行えることがあります。

あるいは、多少の腹膜播種があっても減量手術と温熱化学療法(HIPEC)とを行って、胃と腹膜を切除することもあります。

これらの手術は、根治を目指したものなのでしょうか?。再発例が多いことを考えると、やはり運が良ければ根治に至ることもあるが、元々、腹膜播種があったので根治を望むことは厳しいのではないかと思ってしまいます。

「運が良ければ」というのは、術前に完全に腹膜播種が消滅し、原発巣から腹腔内にこぼれ落ちたガン細胞や、リンパ液や血液に乗って全身を巡ったガン細胞が死滅していれば、ということです。

僅かでもどこかにガン細胞が残っていれば、再発の危険性は十分にあるわけです。その危険性をできるだけ低くするために、術後補助化学療法が行われます。

術後、速やかに補助化学療法を始め、当初の設定期間、補助化学療法を続けることが重要になってきます。それでも、術後補助化学療法をしている間にも、あるいは終了した後でも、再発した例を目にします。

腹膜播種があった患者、腹腔洗浄細胞診が陽性だった患者にとって、手術は通過点に過ぎません。ここで安心してはいけません。再発しないように、生活習慣や食習慣を見直し、再発防止に努めましょう。

術後に補助化学療法を速やかにかつ予定通り完遂できるよう、体力の温存、向上に努めましょう。決して無理をせず、体をいたわりましょう。

せっかくできた手術です。根治して元の生活に戻りましょう。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。