プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンと生きる

昨日の希望の会の勉強会では、北里大学病院の谷野先生が「がんと生きる」という重いテーマを取り上げてくれました。

治らないがんとどうやって折り合いをつけて生きていくか、とても厳しい内容でした。

でも、スキルスのように難治性のがんの患者は、どこかできちんと現実と向き合い、がんと生きていく覚悟をしなければなりません。

その道標となる話でした。

人は誰でも死ぬ。命が終わらないことを希望にするのではない。如何に納得した人生を送るか、納得して人生を終えるか、それが大事。

私たち患者や家族は、告知を受けた瞬間から、それまでの人生とは全く別の闘病という人生を歩み始めてしまいます。

生活の全てが病気中心になってしまいます。

そうではない、病気になってもそれまでの人生が断ち切れるわけではなく、今までの人生とこれからの人生とは一続きである、と谷野先生は話していました。

正にその通りです。今までの生活の延長線上に闘病というイベントがあっただけのことです。

生活の全てを病気が占めているわけではありません。病気は生活の一部です。

主役は自分です。病気はストーリーを膨らませるスパイスに過ぎません。

病気を受け入れ、現実を受け止め、覚悟をしていくことが、病気に振り回されず、自分らしく生きていけることに繋がるのでは、と思っています。

納得した人生を送る、納得して旅立っていける、そうありたいと思っています。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。