プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演終了

先ほど某企業の社内向け講演を終えました。今、帰りの電車の中です。

講演会場に会長も来ました。その前で、会長の眼を見ながら、1時間たっぷりと話をしました(10分ほどオーバーですが)。

自己紹介に始まり、病歴を長々(長過ぎた)と話し、希望の会の設立理由や活動内容を紹介しました。

また、◯◯会社に期待することを話しました。期待すること、というよりもお願いでしょうか。

そして、不可能なことはない、何事も一歩を踏み出すことが大事。

一歩を出すことによって明日が変わる、ということを、希望の会を創って知ったことを話しました。

最後は、希望の会、副理事長の家内がしめてくれました。

歯科クリニック

骨転移の治療の一環で、先月、歯科口腔外科で傷んでいた歯を抜きました。

抜歯の手術から一ヶ月ちょっと経ち、傷痕も落ち着いたので、ブリッジ等を作製することになりました。

歯科口腔外科は、抜歯まではするけど、ブリッジ等の詰め物は造らないそうです。こちらは町の歯科クリニックにお願いして、とのこと。

今日の夕方、歯科口腔外科から出してもらった診療情報を携えて、近所の歯科クリニックに行ってきました。

ブリッジのため、抜歯をしたところの前後の歯をガンガン削りました。型を取って、ブリッジの仮歯を造り、被せてきました。

今はブリッジでもその場で仮歯ができるんですね。というか、ブリッジは初めてなので、以前からその場で仮歯を造れていたのかもしれませんが。。。

一ヶ月半ぶりに、歯並びに、抜歯したことによる空間がなくなったので、快適です。

明日、某企業の社内向け講演会に呼ばれています。少し息が漏れ気味で「さしすせそ」が言いづらかったのですが、明日は大丈夫、バッチリです。

ただ、先ほど麻酔が切れてきたので、顔の左半分が痛いですが。。。

放射線食道炎

今日で放射線治療は終わりです。2週間、土日を挟んで10日間の治療です。

毎日通院するのは結構大変です。でも、治療期間がもっと長い患者はたくさんいます。5週間とか、あるみたいです。おそらく乳がんの患者でしょうか?。

昨日の夕方から、食べ物を飲み込みづらくなりました。食道の入口あたりにビー玉がはまっているような感じがします。

また、食道を食べ物が通る時に、狭い筒を押し広げながら無理やり通って行く感じかあります。押し広げられる感覚が、痛いわけではないのですが、どんな感じ?と聞かれれば、やはり痛いとしか言いようがありません。

一瞬、スキルスが悪化して支え感という症状がまた出てきたのか、と思いましたが、そういえば放射線照射によって、そんな症状が出るという説明を受けていたのを思い出しました。

今日、放射線腫瘍科の担当医に報告したところ、放射線食道炎とのこと。案の定でした。

ホッと一安心です。

抗がん剤をいつやめる?

抗がん剤をいつやめるか、それはステージIVの患者にとっては大きな問題です。

なぜなら、ステージIVの場合の抗がん剤治療は、根治を目指したものではなく、延命とガンの症状緩和を目指したものだからです。

ステージIVはそもそも根治手術適応外であるので、根治手術はありません。抗がん剤治療によってガンの症状に苦しむのを緩和しつつ一日一日を生きていくことになります。

従って、長く抗がん剤治療を続けることが一日でも長い延命に繋がるわけです。

抗がん剤治療の終わりを主治医から告げられることもありますが、患者から終わりを告げることもできます。治療法の選択や継続などは、本来、医師一人が決めるものではなく、医師と患者二人で考え、決めていくものです。

患者がいつもいつも抗がん剤を望んでいるわけではありません。副作用が辛くて抗がん剤治療をやめたい、そう思うこともあります。

吐き気、怠さ、筋肉痛や関節痛のような痛み、痺れ、脱毛や皮膚の変化など、身体的に辛い場合もあります。5年でも10年でも、終わりがわかっているのなら副作用にも耐えられます。

しかし、ステージIVの場合は一生抗がん剤治療を続けることになるので、終わりが見えないことに対して心が折れ、もういいや、と思う時があります。抗がん剤治療を続ける気力がなくなる時があります。

そんな気持ちを何度も繰り返し、自分で抗がん剤治療をやめる決断をすることがあっても良いと思っています。

なぜなら、ステージIVの患者に抗がん剤治療をすることの意味は、患者のQOLを保ち、無治療であったら既に死んでいたであろう時間を患者が享受することだと思うからです。

抗がん剤治療によって、患者には、失われていたかもしれない時間がオプションとして与えられます。その時間を有効活用して、旅行をするも良し、趣味に没頭するも良し、仕事に精を出すも良し、今までしたかったけれどもできなかったことに挑戦するも良し。

それをしたいのに、毎日、毎日、抗がん剤の副作用に苦しんで寝ているのでは、意味がありません。本来、抗がん剤治療の副作用による辛さを緩和ケアで軽減してもらいながら、抗がん剤治療を続け、与えられたオプションの時間を楽しむのがベストだと思います。

でも、患者の望む生活を抗がん剤治療が奪うことになるのであれば、抗がん剤治療をやめることもありです。その決断は、決して病気から目を逸らしているわけでもなく、治療から逃げているわけでもありません。

抗がん剤治療が、オプションの時間を享受することを阻んでいるのですから、当然あってしかるべき選択です。副作用の辛さが、抗がん剤により得られる恩恵を越えた時、抗がん剤治療をやめるということは尊い選択です。

こむら返り

昨夜、両足のこむら返りで目が覚めました。それも明け方まで3回も。

つっている箇所に、サリチル酸でスーッとする鎮痛消炎剤を塗布またはスプレーし、芍薬甘草等を服用し、しばらく痛みと闘いながら温め、ようやく治まって眠りにつきます。

抗がん剤を点滴するといつものことです。一時、あまりつらなくなっていたのですが、前回、今回、と結構酷くつります。

シスプラチンを点滴していた時は、2、3日ほど手の指がつって何も作業ができない状態でした。トポテシンにしてからは足がつります。

それも、脛の前辺りと足の甲の小指側です。ふくらはぎと違って、つった時にうまく伸ばせないところです。

今夜もつりそうな気配がバンバンしています。今、ブログを打ちながら、脚をエアーマッサージャーでマッサージしています。

マッサージチェアもあるのですが、こちらは骨転移している胸椎が骨折しそうなので、最近、止めています。

編集会議

今日の外来は、歯科口腔外科と放射線腫瘍科でした。

先月抜歯した跡は綺麗になっていました。近所の歯医者でブリッジを作るように言われました。

放射線腫瘍科では、いつも通り放射線を照射してアッという間に終了。

その後、仙川に移動して、スキルス冊子の編集会議。いま、その帰りです。

今日の会議は、編集者、イラストレイター、デザイナーとの打合せです。

プロ集団です。素敵な冊子ができそうです。年内には完成かも。

楽しみです。


ネタが!

放射線治療8日目が終わりました。残すところ、あと2回。

確かに骨転移による痛みは少し軽くなったようです。

右前胸部の痛みは相変わらずです。

まぁ、この痛みは、骨転移とは関係なく、肋骨に入ったかもしれないヒビか、骨折が原因かもしれないので、放射線照射によって和らがなくても当然と言えば当然なのです。

照射箇所の皮膚がただれたり、とか、毛が抜けたり、とか、報告するような有害事象が出ていないので、ネタ切れです。抗がん剤とのダブルパンチでも白血球は減らなかったし。。。

割と頑丈な体にできているのですね、と我ながら感心しています。

放射線7日目終了

放射線の照射もようやく7日目が終わりました。あと3日です。

苦痛も何もなく、照射時間も前からと後からとを合わせて1分程度なので、毎日、散歩がてら通院しています。

それでも、毎日の通院は疲れます。結局、午前中は潰れてしまいます。土日を挟んで、来週の月曜日まで雨が降らないことを祈ります。

気持ち悪いけど食べられる

今日も放射線治療に行ってきました。照射装置のトラブルで調整に手間取り、予約時刻を1時間ほど過ぎて治療終了となりました。

待っている間、読みかけの雑誌(徳川15将軍に関する本)を読んでいたので、アッという間でした。もう30分位、調整に時間がかかってくれれば、読み終えたかも、という感じでした。

トポテシンは、点滴後から嘔気がして不快なのですが、なぜか食事はOK。食べられるんです。シスプラチンは、ダメです、全く食べられませんでした。

病院を出て、ミッドタウンへ行き、ガーデンテラスでピザをペロリさ、と食しました。でも、やっぱり多少しんどいです。

また明日も放射線治療です。

トポテシン&放射線照射

今日は旗日ですが、通常通り外来が開いており、朝一で病院に来ています。

トポテシンの投与と放射線治療のダブルパンチです。

再診受付後、オンコロジーセンター(外来ケモ室)で採血し、消化器センターに移動して看護師による問診を受け、その足で放射線腫瘍科へ移動して放射線を照射してもらいました。

その後、再び消化器センターに戻り、腫瘍内科の主治医の診察を受けました。

先週4日間連続して放射線を照射しましたが、白血球数には影響がなく、ケモOKとなりました。ここのところ下がり気味だった好中球数は逆に上がっていました。

先週末、名古屋での希望の会、勉強会&交流会で皆さんからパワーを貰い、免疫力がアップしたのかも。今は再びオンコロジーセンターでケモ中です。


| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。