プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤をいつやめる?

抗がん剤をいつやめるか、それはステージIVの患者にとっては大きな問題です。

なぜなら、ステージIVの場合の抗がん剤治療は、根治を目指したものではなく、延命とガンの症状緩和を目指したものだからです。

ステージIVはそもそも根治手術適応外であるので、根治手術はありません。抗がん剤治療によってガンの症状に苦しむのを緩和しつつ一日一日を生きていくことになります。

従って、長く抗がん剤治療を続けることが一日でも長い延命に繋がるわけです。

抗がん剤治療の終わりを主治医から告げられることもありますが、患者から終わりを告げることもできます。治療法の選択や継続などは、本来、医師一人が決めるものではなく、医師と患者二人で考え、決めていくものです。

患者がいつもいつも抗がん剤を望んでいるわけではありません。副作用が辛くて抗がん剤治療をやめたい、そう思うこともあります。

吐き気、怠さ、筋肉痛や関節痛のような痛み、痺れ、脱毛や皮膚の変化など、身体的に辛い場合もあります。5年でも10年でも、終わりがわかっているのなら副作用にも耐えられます。

しかし、ステージIVの場合は一生抗がん剤治療を続けることになるので、終わりが見えないことに対して心が折れ、もういいや、と思う時があります。抗がん剤治療を続ける気力がなくなる時があります。

そんな気持ちを何度も繰り返し、自分で抗がん剤治療をやめる決断をすることがあっても良いと思っています。

なぜなら、ステージIVの患者に抗がん剤治療をすることの意味は、患者のQOLを保ち、無治療であったら既に死んでいたであろう時間を患者が享受することだと思うからです。

抗がん剤治療によって、患者には、失われていたかもしれない時間がオプションとして与えられます。その時間を有効活用して、旅行をするも良し、趣味に没頭するも良し、仕事に精を出すも良し、今までしたかったけれどもできなかったことに挑戦するも良し。

それをしたいのに、毎日、毎日、抗がん剤の副作用に苦しんで寝ているのでは、意味がありません。本来、抗がん剤治療の副作用による辛さを緩和ケアで軽減してもらいながら、抗がん剤治療を続け、与えられたオプションの時間を楽しむのがベストだと思います。

でも、患者の望む生活を抗がん剤治療が奪うことになるのであれば、抗がん剤治療をやめることもありです。その決断は、決して病気から目を逸らしているわけでもなく、治療から逃げているわけでもありません。

抗がん剤治療が、オプションの時間を享受することを阻んでいるのですから、当然あってしかるべき選択です。副作用の辛さが、抗がん剤により得られる恩恵を越えた時、抗がん剤治療をやめるということは尊い選択です。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。