プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンも個性

ちょっとしたことがきっかけで、生きる希望と、その先の死について思いを巡らせました。

ステージIVや再発のスキルス性胃ガンの場合、治らない病と闘っていることになります。

闘うというよりも、一緒に暮らしている、っていう感じです。

この場合、根治することはないので、いかにしてガンの再燃を防ぐか、ということが生きるための重要なことになります。

抗がん剤治療も、根治を目指したものではなく、延命とガンの症状緩和を目的としています。

どれくらい生きられるのだろうか?、そんな不安な状況にあっても、人って立ち直り、希望を持ち、些細なことにでも幸せを感じるようになるものです。

健康でいる時には当たり前なことでも、明日をも知れぬ運命(ちょっと大袈裟ですが)であると、当たり前なことに幸せを感じるのです。

そして、今は、そんな状況にいる自分を、「ガン患者」という特別な存在ではなく、ガンという個性を有する人であると思っています。

「ガン患者」という気負いもなくなり、ガンであることが当たり前に思えています。

健康な人とはちょっと違っているだけ、そんな気持ちです。

健康な人が味わうことのできないことを体験している、というお得感?があります。

今は、骨転移に対する放射線治療の影響で、行動が制限されていますが、骨が再生すればまた何でもできます。

ただガンという個性を有することが、ガンでない人と違うだけ。

スキルス性胃ガンだからこそ自分なのだと思っています。

今まで「どうしてガンになってしまったのか?」とか、「なぜ自分なのか?」とか、「何か悪いことをした罰か?」などと思ったことは一度もありません。

なるべくしてなった、スキルスという個性を有するのに適していたからなった、と思っています。

発症前は、スキルスになる適性を有していた、発症後はスキルスと共に生きるのに適していた、ただそれだけです。

健康な時よりも死を身近に感じてはいますが、ガンでなくても、死ぬときは死ぬ。当たり前のことです。

自分は、人生の終盤、ガンとともに生き、ガンとともに死ぬ、ということです。

残された時間が長かろうが短かろうが、その時が来れば死ぬ。恐れる必要は全くなし、です。

身辺を整理し、遺された家族が困らないようにしておけば、いつその日が来てもOKです。

それまで、やるべきこと、やりたいことをしていこうと思っています。

応援、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。