プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ予防注射

抗がん剤治療中ですが、例年通り、インフルエンザワクチンの予防接種を受けてきました。

前回の抗がん剤投与前の診察時に、主治医に予防接種の許可と接種タイミングの説明を受けておきました。

2013年12月に抗がん剤治療を始めてから今までの間で、抗がん剤投与によって白血球が基準値を下回ることは一度もなかったので、いつ接種してもOKとのことでした。

一応、自分なりに考えて、次回の抗がん剤投与(来週の月曜、9日)にできるだけ近い日で、かつ2、3日経ってインフルエンザワクチンの影響が薄まって(?)から次の抗がん剤を体内に入れる方がよいのでは、との判断で、今日にしました。

ワクチンの影響が薄まる、っていうのも変かな、とも思いますが。。。

ワクチン接種当日や翌日に抗がん剤投与、は気分的に良い感じではないので。

昨年、インフルエンザワクチンの接種をした時に、抗がん剤治療をしている方から「抗がん剤治療しているから予防接種はダメ、かと思っていた」と聞かされ、主治医に訊いてみることを勧めました。

その結果、やはり主治医から「予防接種をしておいた方が良い」と言われ、「してきました」と報告を受けた覚えがあります。

もしこのブログの読者で予防接種をためらっている方がいましたら、主治医に接種の是非の判断を仰いでください。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。