プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その都度、説明を

一昨日の記事の続きのようになってしまいますが、医療従事者にお願いがあります。

それは、その都度、患者側の声に耳を傾けて、患者側が納得できる説明をしてほしい、ということです。

どうせ説明したって素人にはわからない、では医療不信を招くだけです。

インフォームド・コンセント、すなわち説明と同意が重要なのです。

例えば、今回の伝え聞いた話の場合、患者側が何度も腹痛と便秘気味を訴えたことに対して、一度も触診をせずに、毎度、痛み止めと下剤を処方する理由は何なのか?、ということを毎回、説明する必要があると思います。

また、一度も触診しない理由は何なのか?。

触診しない方が良い理由があれば、それをその場で言ってくれた方が、患者側は納得できると思います。

また、腹膜播種があることがわかっていながら、腸閉塞を疑わない理由は何なのか?。

最も疑わしい原因が腸閉塞以外であるならば、それは何なのか、あるいは腸閉塞の症状に当てはまらないのなら、そう説明をしてくれれば、患者側は納得したり、納得できずに反論したりすることができると思います。

また、内臓からくる痛みであると疑いながらも、CT検査の予約が3週間後である理由は何なのか?。

検査の予約が一杯であるため、最短でも3週後になるなら、そう言ってくれれば良いと思います。急ぎたければ、主治医からの依頼で、協力関係にある医療機関で検査を受けることもできるのでは、と思います。

もし、主治医の頭の中に、スキルスだから後回し、という考えがあるとしたら、大変な悲劇であり、大変に残念なことです。

医療従事者には医療従事者なりの理由があると思います。私たち患者には、医療従事者側の理由を知る由もありません。

ぜひ、一人でも多くの医療従事者が、この記事を読んでくれて、私たち患者側が納得のできる説明をしてくれるとありがたいのですが。。。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。