プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは一歩を踏み出すこと

先日の「ちゃやまちキャンサーフォーラム」や「AKIBA Cancer Forum」などに参加して思うこと。

それは、ガンの告知を受けたばかりの人も、治療中の人も、一人でも多くのガン患者に足を運んでもらいたいということ。

学会や患者支援団体が開催する市民講座、講演会、勉強会でも良いです。

病院の掲示板にお知らせが貼ってあったり、相談窓口や相談センターを訪ねれば教えてもらえると思います。

治療するにあたって、家と病院との往復だけでは患者と主治医との関係から何も拡がりません。

患者の手中には主治医の治療方針しかありません。

治療法は一つとは限りません。例え標準治療であっても、医師ごとに少し違っていたりします。

治療法が一つしかないのであれば、ロボットで事足ります。

フォーラムやシンポジウムや公開講座などに参加することによって、新たなことを知ったり、正しいと思っていたことが間違いであることに気づいたり、と何かしら得るものがあります。

そして、そこから何本もの道が開けたりします。主治医の元に通うだけでは、道は一本だけです。

自分から情報を手に入れよう、一歩を踏み出そうという積極的な姿勢が大事だと思います。

スキルスのように進行が早く、再発しやすいガンの場合、分岐点はワンチャンスしかないかもしれません。

そのワンチャンスを逃したら、道は閉ざされるかもしれません。

セカンドオピニオンを聞きに行くのも良いと思います。思ってもいなかった治療法が提示されるかもしれません。

主治医を信頼しているから、とか、主治医に悪いから、とか言う理由でセカンドオピニオンを聞きに行かないのは、義理堅いのではなく、自ら可能性を閉ざしているようなものです。

フォーラム等で得た情報や、セカンドオピニオンをどう料理するかは自由です。煮ても良いし焼いても良い。もちろん、そのまま捨ててもOKです。

でも、初めから耳を塞いで目を閉じてそれらの情報が入ってくるのを拒んでいては、可能性は拡がりません。

まずは、話を聞いてみる、その姿勢が大事です。後になって「あの時、聞いておけば良かった」と思っても遅いのです。

一歩を踏み出すと何かが変わるかもしれません。少なくとも、患者本人の治療に対する心持ちが変わると思います。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。