プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月恒例

昨夜は、紅光家一族が集結した新年祝賀会。もう何十年も前から、元日夜に行っている恒例行事です。

今年は、息子のフィアンセと呼べる彼女も一緒。家族が1人増えて嬉しかったです。

今日と明日は、箱根駅伝をテレビで観戦。これも恒例行事。母校を応援します。

どちらの恒例行事も最後との覚悟で臨んでいます。

というのは、

今の抗がん剤の効きが悪くなってきているため、近々薬を変更する予定であること、
次が最後の抗がん剤であること、
その抗がん剤が効くという保証はないこと、
効いたとしても半年も使えばまた耐性が生じて効きが悪くなるであろうこと、
などから、来年の正月を迎えるのはかなり厳しい、

と思われるからです。

また、実は昨年12/21の抗がん剤投与の後、ちょっと調子が良くなく、支え感や、思うように食べられない、ゲップを出しづらい、という症状が続いていました。

一昨年の11月に出た症状と同様であり、スキルスによる胃の硬化または腹膜播種による消化管の狭窄を懸念していたからです。

年末から、全てのことに対して、これが最後、との覚悟で過ごしてきました。

ところが、今日の昼頃から症状が軽減し、12/21以前の状態近くまで復活しました。

今の抗がん剤の効きが悪くなっているのは事実なので、楽観視はできませんが、もう少し様子を見ようと思います。

一応、治験への参加も検討しています。様子見の間、治験参加のタイミングを探ろうと思っています。

まだまだイケると思っていますが、今のうち、できることはしておこうと思っています。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。