プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択肢減る

今朝、今後の治療法の選択肢の一つとして挙げていた治験を行っている製薬会社に問い合わせをしました。

結果は、治験の除外基準に当てはまっている、すなわち治験を受けられない、ということです。

正確には、主治医経由で治験実施医療機関に問い合わせ、必要な検査を受けてみなければ、確定ではないのですが。。。

う~ん、今自分が知り得ている病状と情報から判断すると、やはりこの治験は難しいかも、です。

現段階で残る選択肢は、あと4つかな。

いずれもハードルは高く、今回のように門前払いということもあります。

さらに選択肢を増やすべく、あれやこれやと思案し、調べています。

まだまだ、諦めることはしません。

まだやらねばならぬことがたくさん残っていますから。。。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。