プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望の会 新年会

今日は、朝からスキルス性胃ガンの患者・家族会 希望の会づくしでした。

午前中は理事会、午後から運営委員会、夕方から新年会。

新年会は、希望の会の特色が存分に出た、素晴らしい会でした。

多数の患者会員、家族会員、各会員の家族、正会員が参加してくれました。

また、ゲストとして、会を応援してくれている医師、がん専門看護師、訪問看護師も駆けつけてくれました。

スペシャルゲストには、昨年末のチャリティーライブで感動の嵐を巻き起こした、すがてんさん、我が希望の会のメンバーか率いるバンドSame Ageのマイケル。

原宿の喫茶店を貸し切り、途中50分ほどのマイケルの弾き語り、すがてんさんのソロ。

闘病生活が始まると、患者本人も家族も、頭の中は病気のことで埋め尽くされてしまい、音楽を心から楽しむ余裕をなくしてしまいます。

マイケル、すがてんさんのスペシャルミニライブ付き新年会。

あちらこちらから「良かった」の声が上がっていました。これが希望の会スタイル?(笑)。

そして、私にとってスペシャルな参加者がもう一人。

正確には、その参加者、私の大切な友は新年会にはいませんでした。

友と一緒に新年会に出られればどんなに良かったか。

友は、ステージIV。がんによる疼痛か骨転移による疼痛か?。痛み止めがあまり効かず、激痛にのたうち回っています。

にもかかわらず、その痛みに耐え、笑顔を絶やさずに仕事をしています。

責任のある仕事。情熱を注ぎ込み、まさに命を懸けて取り組んでいる仕事。

新年会の時間、友は息も絶え絶えに仕事をしていました。私は、友のことを想い、友が側にいるのを感じながら新年会に出ていました。

いついかなる時でも、友のことが頭の中にあります。

私にできるのは、そんなことくらい。寄り添い、見守り、応援していくだけ。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。