プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信頼を寄せる医師に感謝

本日、友人から連絡がありました。その友人の家族が、今まさにがんと闘病中です。

詳しくは書きませんが、友人の家族の容態に変化が現れたとのこと。

かかっている病院や関係機関で検査を受けましたが、様子見とのこと。

正確な診断をするには、様子を見るしかない状況なのかも知れません。

友人も患者も、このまま様子見で良いのか、何をしたら良いのかわからず、途方に暮れています。

セカンドオピニオンを受けに行くにも、主治医に紹介状や診療情報提供書を作成してもらわなければなりません。

それに何日かかるのか?。その間、友人も患者も、もし緊急性を要することだったら、と不安な気持ちで過ごさなければなりません。

何をしたら良いのか、あるいは現段階では何もできないのか、それを知るだけでも、どうしたらよいのかわからないことにより惹起される不安から少しは解消されます。

私は、そのがん種で信頼を寄せる医師に連絡を取り、患者として、家族として、まずは何をすべきか、という相談をしました。

その医師は、一般的に、ということで、状況を分析し、大変にわかりやすく説明してくれました。

本当にありがたいことです。どのがん種にも、このような全幅の信頼を寄せることのできる医師がいてくれたら、と思います。

もちろん、スキルス胃がん患者・家族会 希望の会には、消化器の外科及び内科を始め、腫瘍内科、緩和ケア、婦人科系の各信頼できる医師達、さらには、がん看護専門看護師や看護師にサポートをしてもらっています。

今日、新たに泌尿器科の医師との出会いがありました。この医師も信頼できます。

こうやって、少しでも医療従事者と患者・家族とが互いに信頼し合える環境が実現したら、という思いでいっぱいです。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。