プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい生存率

全国がん(成人病)センター協議会が、がんの10年生存率を発表しました。

胃ガンは、ステージI~IVの全体で69.0%です。5年生存率は70.9%。

従って、5年間生き続ければ、ほぼ全員10年間生きられるということ。

それも胃ガンの7割の人が10年生きられる。今や、胃ガンは治る病気、と言われるゆえんでしょう。

でも、ステージIVに限ると、5年生存率も10年生存率も7%代。極めて厳しい現実。

胃ガンの中で最も悪性度が高く、予後不良のスキルス性胃ガンに限れば、ステージIVの生存率はもっと低いと思われます。

確かにスキルス性胃ガン患者で5年以上、10年以上生存している人はいます。

良い薬が出てきたことによって、スキルスでも、一昔前と比べて予後が改善されていることは確かです。

でも、まだまだ胃ガンは治る病気ではないのです。胃ガンと一括りにされてしまうことによって、スキルスの実態が埋没してしまいます。

恐ろしいタイプの胃ガンがあることが世間から忘れ去られてしまいます。

胃ガンとしてのデータではなく、スキルス性胃ガンとしてのデータを見たい、示してほしい、そう思っています。

私が告知を受けた直後、スキルス性胃ガンの5年生存率と生存期間中央値を探しましたが、ヒットしませんでした。

そんなところにも、スキルス性胃ガンの情報不足を感じました。

やむなく、胃ガン全体のデータを参照し、これよりも悪いのであろう、と推測していました。

一刻も早く、最新のスキルス性胃ガンの各種データを開示してもらいたいと思います。。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。