FC2ブログ

プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

有意義な勉強会

14時から17時まで、宮崎がん勉強会の第2回東京支部会に出席しました。

参加者は、がん患者、がん患者を支えている人、主催のSho先生の友人達、看護師など、総勢15名。

病気、治療法、薬などの質疑応答の他、主に主治医とのコミュニケーションがテーマでした。

大変に濃い~時間でした。参加する価値、大いにあり!。

単にがんについて学ぶ勉強会ではありません。がんを取り巻く環境について考える会です。

がんに関する集まりは、患者と家族と医療関係者、っていうパターンがほとんどです。

でも、この勉強会は違います。

患者でも患者の家族でもない人達。例えば、Sho先生の友人達。この人達が参加している意義は大きいです。

がんを特別視する時代ではありません。皆さんの隣にもがん患者はいます。

2人に1人が、がんにかかる時代です。

通勤や通学の電車内でたまたま居合わせた人達の中にも、がんを患っている人がきっと何人もいます。見た目ではわからなくても、必ずいます。

がんを患っている人もいない人も、同じ世界に生きています。

そう考えると、がんに関する集いに、がんを患っていない人が参加している方が自然なことです。

がんを患っていない人達からは、私達がん患者とは違う視点の素晴らしい話を聴くことができます。

がんを患っていない人達は、私達がん患者から、普段思いもしないような話を聴いていることと思います。

お互いにとって刺激的なことで、とても良いことだと思います。

いずれがんサロンを開きたいと思っています。

そのサロンには、この勉強会のように、患者や家族や医療関係者だけでなく、患者でも家族でもない人達にも集ってもらいたいと思います。

スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム